iPhone

ようやくiPhoneアプリ「ToyCamera」で撮ってみた。

更新日:


iconicon

先日既に購入してたiPhoneアプリのToyCameraでようやく昼間に撮ってみる。230円。

iPhoneのカメラは200万画素とはいえ、パンフォーカスで調整もほとんど効かないのもあって以前紹介したHiCon等iPhoneのソフト側で制御するというかエフェクト処理するアプリがいくつかあるけれど、その中でも現在ダントツ人気なのがこのToyCamera。名前の通りLOMOとかのトイカメラ風味に四隅を黒くして全体の色調を1カラー強調しつつノイズもかかるっていうような懐かしめのチープさを演出してくれるアプリであります。

製作者さんの説明によると複数種類のエフェクトがランダムにかかるということで、自由にエフェクト選べればいいのにって声やランダムだから良いという声もあるようだけど、個人的には偶然を楽しんでこそだと思うのでランダムで良い。ただ、エフェクトの処理時間がちょっと長く感じる。これはアップデートで改善される予定みたい。

空を撮ってみましたよ。ここに載せるのにリサイズしただけで加工無し。山手線北方向てっぺんの地域で撮ったのだけれど、それっぽいイメージ(笑)。

仕事で行った改装工事前の建物内。こちらもリサイズのみで加工無し。ボロい表情が古めかしさとともに出てる感じ。

とまあ、気軽にオシャレなってのもちょっと違うけれど、Photoshopとかでわざわざ加工するまでもなく、トイカメラ風味も含めいろんなエフェクトをソフト側で処理出来るというか、そういうこと気にせず楽しく撮れるってことが出来るのもiPhoneならではで面白いんであります。

追記:
実はこの製作者さんのブログはまだflashに興味あったりいじってたりした数年前からずっと読んでたのもあり、このアプリはかなり申請から発売まで時間がかかったりしてた経緯もずっと追ってたので、そういうのを知っているからこそのというか、実際にダウンロードして使ってみて楽しさと気軽さに「良かったのぉ〜」と思えた、ってのもあったりしております。

-iPhone
-, ,

Copyright© sutero choice , 2018 AllRights Reserved.