AppleWatch

Apple Watchのデジタルクラウンの押し込みが甘くなってる。。。

投稿日:

買って約4ヶ月のApple Watch。ここのところ、押したりクルクル回す右横の出っ張り、デジタルクラウンが回すのは普通なのだけれど、押すのが甘いというかハッキリ押したっ!って感覚が無くなって来てることに気付いた。

Applewatch digitalcrown

画像が暗くて申し訳ないが、矢印の部分がデジタルクラウンね。

買った店舗に行って展示してあるApple Watchのデジタルクラウンを押してみたら「カチッ」と押した手応えというかスイッチ押してる感があり、自分のも新品の時はそうだったと思い出した。

店頭では販売以外の修理等はサポート外だと言われ、まあApple Storeではないのでしょうがないってことで、この後初めてググったのであった。

Appleのサポートページにありました。以下、抜粋。

  1. Apple Watch の電源を切り、充電器から外します。
  2. レザーバンドをお使いの場合は、Apple Watch から取り外します。
  3. 蛇口から弱めの水流でぬるま湯を出し、その下にデジタルクラウンを 10 〜 15 秒さらします。石鹸や洗剤は使わないでください。
  4. デジタルクラウンと筐体の狭いすき間を水で流しながら、デジタルクラウンを回したり押したりする動作を続けます。
  5. Apple Watch を糸くずの出ない柔らかいクリーニングクロスで拭いて乾かします

この説明でビビったのは3の「蛇口から弱めの水流でぬるま湯を出し、その下にデジタルクラウンを10〜15秒さらします。」っての。水流にさらしてええんかいっ!ってw。

上記の通りやった結果

温めの水流にガンガンさらしてやった結果、まったく変化無し!

まあ、たまーに長押ししてないのにsiriが起動することはあるが、それ以外は普通に使えてるので、もうしばらくはこのまま。Apple Storeのある街へ行く機会のある時に持って行ってみよう。

-AppleWatch
-

Copyright© sutero choice , 2017 AllRights Reserved.