stationery

ぺんてるのアイン消しゴムが信頼性の高い可塑剤へ切り替え

ぺんてる アイン消しゴム

ぺんてるが、アイン消しゴムシリーズにおける可塑剤を、フタル酸系可塑剤から、より信頼性の高いBASFの非フタル酸系可塑剤「Hexamoll® DINCH(ヘキサモールディンチ)」へ完全に切り替えたということでご紹介。

ぺんてるは、消しゴムを使う全ての人、特に学習シーンにおいて手にする機会が多い子どもたちの健康と明るい未来のために、これまで見落とされがちであった消しゴムの素材やその安全性を見直し、アイン消しゴムシリーズの全製品における可塑剤を、より信頼性の高い非フタル酸系可塑剤へ完全に切り替えました。

安全基準に準拠したBASFの非フタル酸系可塑剤「Hexamoll® DINCH」を採用

「可塑剤」とは、固いPVC(ポリ塩化ビニル)樹脂やゴムなどを軟らかく、しなやかにするために添加される化学品で、国内の消しゴムとして主流であるPVC製消しゴムの製造に不可欠な存在です。近年、可塑剤のうち、フタル酸系可塑剤は生体への影響が懸念されており、安全性の観点から、欧州を中心に規制が強まっています。

アイン消しゴムの可塑剤には、安全基準に準拠したBASFの非フタル酸系可塑剤「Hexamoll® DINCH」を採用しています。「Hexamoll® DINCH」は、人体と直接接触を伴う用途向けに特別に開発された非フタル酸系の可塑剤として、特に安全性が求められる玩具や医療機器などで使用されています。

BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は、ドイツ ルートヴィッヒスハーフェンに本社を置く世界的な総合化学会社です。持続可能な将来のために化学でいい関係をつくることを企業目的とし、環境保護と社会的責任の追及、経済的な成功の3つを同時に果たしています。また、全世界で110,000人以上の社員を有し、世界中のほぼすべての産業に関わるお客様に貢献できるよう努めています。ポートフォリオは、6つの事業セグメント(ケミカル、マテリアル、インダストリアル・ソリューション、サーフェステクノロジー、ニュートリション&ケア、アグロソリューション)から成ります。2020年のBASFの売上高は590億ユーロでした。BASF株式はフランクフルト証券取引所(BAS)に上場しているほか、米国預託証券(BASFY)として取引されています。BASFの詳しい情報は、http://www.basf.com をご覧ください。

参考リリース:https://www.pentel.co.jp/news/12935/
ぺんてるとBASF、共同ブランディングにより非フタル酸系可塑剤を使用した消しゴムを日本及び世界市場へ提供(2021.11.16)

新入学シーズンは、高品質で安心のアイン消しゴムを

高品質で安心のアイン消しゴム

アイン消しゴムは、消去性、消しカスの少なさ、折れにくさにおいて、高い品質の消しゴムです。

この品質はそのままに、全てのアイン消しゴムシリーズにおいて用いる可塑剤を、より信頼性の高い非フタル酸系可塑剤に切り替えています。

新入学シーズンを前に文具を買い揃えることも多いこの時期、直接手に触れるものだからこそ、安心できるものを手に取っていただきたい、という考えから、店頭でも意識して選んでいただけるよう、限定スリーブデザインの消しゴムも発売しています。

限定スリーブデザイン

限定スリーブデザイン

商品価格

  • アイン消しゴム<軽く消せるタイプ> 110円(税込)/66円(税込)
    ※サイズが2種類あります。
  • アイン消しゴム<まとまるタイプ> 110円(税込)/66円(税込)
    ※サイズが2種類あります。
  • アインブラック消しゴム 110円(税込)/66円(税込)
    ※サイズが2種類あります。
  • アイン×スマッシュ消しゴム 110円(税込)
  • アインカラー消しゴム 5個パック 330円(税込)
  • マークシート消しゴム 110円(税込)

材料変わってもよく消えればイイ

従来の可塑剤が生体への影響が懸念されるってことで非フタル酸系可塑剤への切り替えが行われたぺんてるの定番な消しゴムである「アイン」。

普段、消しゴムをほとんど使う機会もなく、消しゴムといえばレーダーってイメージがあるのでアインは使ったことがないんであるが、アマゾンだと1つ26円とかで売っているので、1つ買ってみるのもいいかも知れない。

筆圧高く、2Bとか濃い芯で書くので軽い力でキレイに消えるのが良いですな。

太陽のレーダー
太陽の光で色が変わる!SEEDの新しい消しゴム「太陽のレーダー」

青と白のシンプルな消しゴムでお馴染みシードから太陽の光で色が変わり日陰ではもとに戻る半透明な消しゴム「太陽のレーダー」が新発売ということでご紹介。 2つの色合いが楽しめる 日向と日陰で2つの色合いが楽 ...

続きを見る

シード「クリアレーダー」と「ブラックレーダー」
久々に買った消しゴム、シードのクリアレーダーとブラックレーダー

最近紹介してたこともあって、久々にシャーペンで書くことも増えたけれど、ペンのノック部分に付属してる小さな消しゴムしか無かったことに気付いて消しゴムを買ってきたのでご紹介。 シードの消しゴム 消しゴムな ...

続きを見る

アーチ消しゴム マルチボーダー 限定カラー
“ゴリラ筆圧でもよく消える!”とSNSで話題の消しゴム「Arch(アーチ)」にマルチボーダーな3つの限定デザイン登場

サクラクレパスの定番消しゴムである「アーチ」から夏にぴったりのマルチボーダーの限定デザインを2020年6月中旬より販売開始ということでご紹介。 リンク  “ゴリラ筆圧でもよく消える!”とSNSで今話題 ...

続きを見る

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice