stationery

油性ボールペンで世界最小0.28mmのボール径『JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ)』

今や油性ボールペンといえばジェットストリーム!って位に大定番となった油性ボールペン界の雄に世界最小を謳うボール径0.28mmの超極細な『JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ)』が発表され、2019年12月20日より発売開始ということでご紹介。

外観で買いだ!

JETSTREAM EDGE

左から:ブラック、シャンパンゴールド、ネイビー、ホワイトレッド、オレンジ

現行の0.38mm~のラインナップとは違いジェットストリーム・エッジは軸もペンチップも特別感たっぷり。そして白いペン好きとしてホワイトレッドって軸が白でクリップが細いワイヤーな赤のカラーリングあってこれは買うしかない。

オレンジは限定色

5色の軸のラインナップでオレンジは限定色となっているので、限定好きな方はまずオレンジを押さえよう!

以下、プレスリリースの軸についての説明を。

▶機能性とデザイン性を両立した本体軸

本体軸はボール径0.28mmの描線が持つ細く、鋭いイメージをスタイリッシュに表現し、筆記時の安定感など機能面にもこだわったデザインです。細字を書くための専門ツールとして、各パーツの素材とデザイン、使い勝手にこだわりました。

●機能性

先軸は金属製で、グリップ部分には細いライン加工を施し滑りにくい設計となっています。また、重心をペン先側に寄せたことで、細かい筆記を行う際にも安定する設計となっています。

●デザイン性

軸は『ジェットストリーム エッジ』によって書ける細く鋭い描線を、ワイヤークリップのワイヤーの細さと、六角軸で生じる放射状の直線によって表現しています。後端に向かって細くなる形状によってペン先側に寄せた重心を、視覚的に見せたデザインです。

カラフルに使うために

JETSTREAM EDGE 書いてみたイメージ

プレスリリースにこのジェットストリーム・エッジで黒・赤・青を巧みに使ってカラフルに超極細0.28mmを活かしたサンプル的な画像があるんだが、ここで注意しなければならないことが。

ココに注意

ジェットストリーム・エッジの軸色は5色展開だが、最初に入ってるインク色は黒のみで赤と青は別売りの替芯(SXR-203-28)が必要

ということで、白い軸の青インクペン好きとしてはホワイトレッドの軸と青の替芯を購入しなければ。

多分、0.28mmなペンのどれよりも細い

0.28mmといえば、ゲルインクボールペンではすでに各メーカーの極細のラインナップとして定番的に一番細いボール径としてたくさん存在しているが、油性ボールペンであるジェットストリーム・エッジの方が同じ0.28mmでもインクフローが違うのでより細い線が描けると思われる。先程のサンプル的なイメージ画像でも相当細いし。

超極細好きの方々にも大定番のペンとなりそうである。

絶対買う

ジェットストリームは油性系として凄い好き!って感じのボールペンではないし、持ってて使ってるのも0.7mmや1.0mmと太めの方が好きなんであるが、今回の超極細0.28mmのジェットストリーム・エッジは軸的に100%買いである。

価格が1,000円+消費税で替芯も200円+消費税と通常ラインナップのジェットストリームシリーズからすると割高ではあるけれど、こういうデザイン方向にも行けるのよーって感じは今後にも期待出来るし文具好きならば1本持っておくべきと瞬時に判断したのであった(笑)。

仕様

商品名 JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ)
品番 SXN-1003-28
インク色
ボール径 0.28mm
軸色 ブラック、シャンパンゴールド、ネイビー、ホワイトレッド、オレンジ(限定)
価格 本体価格1,000円 + 消費税
替芯 SXR-203-28(本体価格200円 + 消費税)
※替芯は黒、赤、青の3色を展開します

-stationery
-,

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.