stationery

赤くて可愛い0.9mmシャーペン、プラチナ万年筆「プレスマン」

プラチナ万年筆 プレスマン 赤 0.9mm

1978年の発売以来、変わらぬ外観でロングセラーな速記用0.9mmシャープペンシルのプレスマン。ずっとブラック1色だったのが2016年にホワイト、レッド、グリーン、ブルー、イエローと5色追加されて6色展開となりカラフルで普段使いも楽しいシャーペンってことで今回はレッドをご紹介。

赤いシャーペンが欲しかった

久々にシャーペンを物色してみようって考えた時に0.7mm以上でって考えると製図用ばかり候補にあがる。製図用には製図用の細くて無骨なカッコいい感じがあってそれはそれで好きではあるけれど、もうちょっとお手軽感というかカラフルでプラスチックなのないかな!?ってことで浮かんだのがこのプレスマン。

赤いのがイイ!っていうのは先日見た夢で自分が赤いシャーペンで何か書いてるという状況がやたらと記憶に残ってしまい、赤い外観のペンを必死に探してしまっていてプレスマンの赤しか候補らしい候補が無かったという流れ。

軽くてお手軽

0.9mmのシャーペンとして8.1gという重量は驚くほど軽い。特に普段キャップ式なゲルインキボールペン系を多用しているとこの軽さは持つ度に「軽っ!」てビックリする。

価格も200円+税ってことでお手頃。この価格と軽さに加えて0.9mmという太めの芯はサクッとハッキリとした文字が書けてしまうのも魅力。持ち歩き用、デスク用、キッチン用なんて場所ごとに色違いを揃えるのも気楽に出来るというのもイイ。

付属の消しゴム

プラチナ万年筆 プレスマン 0.9 消しゴム

ノック部分には当然赤いキャップを開くと消しゴム登場。

この辺りの作りはチープではあるけれどそれが逆に昔ながらという感じで好き。

書いてみると

プラチナ万年筆 プレスマンで書いてみた

標準で入っている芯が全長100mmで2Bという長くて濃く柔らかい芯なので、はっきりクッキリ書ける。プレスマン専用の別売りの芯も同じ100mmの2Bオンリーで売っててそこらへんのこだわりも好きである。もちろん、0.9mmの芯であればどのメーカーの芯でも使えます。

お手軽なこだわりのシャーペン

プラチナ万年筆「プレスマン」は安価でありつつ速記に適した軽いボディに100mmで2Bな芯でどんな状況でもサクッとしっかり書けるシャーペンというある種こだわったペンではあるが、だからこそ気軽に何でも思いのままに書いて楽しむという使い方にも最適なペンにもなっている。

そして、6色のカラーバリエーションが選ぶ楽しみも提供してくれていて全色欲しくなってしまうシャーペン。

-stationery
-,

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.