iPhone

「iOS 14」最大の欠点はホーム画面下部の空間が広くなっていること

「iOS 14」最大の欠点はホーム画面下部の空間が広くなっていること

左:iOS 13 - 右:iOS 14

昨日公開されたiPhoneの最新OSである「iOS 14」。不具合があるとか、未対応アプリがまだ結構あるから様子見が良いっていう話をたくさん聞いてはいたものの、一応普段良く使うアプリに関しては問題ないと判明したことで早速入れてみて問題というか使いにくくなったなーってのが今回のタイトル。

片手持ちで親指タッチにはかなりの距離を感じる

最初の画像の下部だけを切り抜いて貼ってみよう。

ホーム画面の空間の差

左:iOS 13 - 右:iOS 14

アプリアイコン半分の幅で上がってて空間が広くなってしまっている。

片手持ちでiPhoneを操作する場合にアイコンがかなり遠くなってしまったと感じる。「iOS 14」からAndroid系と同じようにウィジェットもホーム画面に置けるようになって色々な情報へのアクセスや確認が素早く可能になってはいるのだけれど、この余計に開いてしまった空間はアプリアイコンでもウィジェットでも同じで下からの距離が出来てしまって親指タッチ可能な範囲が少なくなってしまっているのは欠点というが残念であるし使いにくくてしょうがない。

アップデートは待った方が良い

どうしてもウィジェットを使いたい!って場合以外では「iOS 14」へのアップデートは待ちという判断が現状では正しいと思われる。

片手使いメインではこの空間の差はかなり大きいのよ。やっぱり次はアンドロイド端末にするのが良いのかも。。。

Apple(アップル)
¥30,580 (2022/01/21 18:41:23時点 Amazon調べ-詳細)

-iPhone
-, ,

© 2022 sutero choice