stationery

セーラー万年筆の有田焼なボールペン

有田焼ボールペン

セーラー万年筆から、「有田焼ボールペン」を2022年3月20日(日)より発売するということでご紹介。

『有田焼ボールペン』

有田焼ボールペン 染付波千鳥、赤絵牡丹

明治時代後期、有田に技術者として招かれた曾祖父から100 余年の歴史を受け継ぐ窯元『李荘窯』、「美しいものは永遠」という想いのもと、時代に左右されない美しい形を追求し、自らもデザインを考案しながら器の制作に取り組んでいます。

有田焼ボールペン 染付波千鳥、赤絵牡丹

同じく100 余年の歴史を歩む『セーラー万年筆』。セーラーの匠たちが持つ「今に甘んじることなくより高度な技を」という想いと『李荘窯』の想いが響きあい生まれた製品です。歴史を残しながら、現代的に造り込まれ、細部までこだわり抜いたボールペンです。筆記具を超えた芸術品に値する逸品です。

有田焼ボールペン 染付波千鳥、赤絵牡丹

ボディには、伝統的な有田焼の技法に加えて先端技術を駆使した李荘窯の技術が活かされ、美しい絵付けが存分に堪能できる形状を模索して辿り着いた流線形のスタイリング。

蓋栓には李荘窯業所の仕事の証である「李」の一文字が記されています。滑らかで心地よい回転式ボールペンメカを採用し、レフィルは1.0mm芯を搭載。

有田焼

佐賀県西部(有田町、伊万里市)で17世紀に日本で初めて作られた磁器。透き通るように白い磁肌と呉須(藍色の顔料)で描いた染付け、ガラス質の上絵具(赤、緑、黄、紫、青)を用いた華やかな赤絵が特長。耐久性が高く、美術品から日用品まで様々なものが生産されている。

李荘窯業所

有田焼の陶祖 李参平 の住居跡に開業した「李荘窯業所」。時代の移り変わりと共に、磁器彫刻の制作から、食器の生産へと変遷する。

そして今―。蓄積されてきた伝統と品質により、時代に左右されない美しいカタチを追求。新しいことに挑戦し続け、今後も更なる努力を重ねていきます。

製品仕様

有田焼ボールペン パッケージ

品名 有田焼ボールペン 染付波千鳥、赤絵牡丹
価格 88,000円(本体価格80,000円)
方式 回転式
芯色 油性ブラック
ボール径 1.0mm
替芯 18-0500
蓋・胴 有田焼
大先・リング 真鍮/ゴールドIP 仕上げ
本体サイズ 150.2mm、53.8g
パッケージサイズ 181×84×63mm、251.3g
セット内容 有田焼ボールペン、筆休め、製品説明書、取扱説明書

コレクション向けな有田焼の油性ボールペン

100余年の歴史を受け継ぐ窯元「李荘窯」の有田焼な軸の「有田焼ボールペン」。

キレイな工芸品って感じでありつつ、油性ボールペンとして1.0mmの太いボール径で滑らかに書けるだろうけれど、重量が53.8gとかなり重く結構なリアヘヴィーなのが容易に想像できるこのデザインは実用ペンではなく完全にコレクション的なペン。

万年筆ではなくボールペンなのも重量バランス的に筆記には向きにくいからなんだろうとも思う。

もちろん、「すげーペン使ってるね!」と言われるくらいに見せペンとしてガンガン書くのも目立ってイイかも知れない。

-stationery
-,

© 2022 sutero choice