stationery

キレイな青で細長く書きやすい軸「ユニボール シグノ スタンダード」0.5mm 青

「ユニボール シグノ スタンダード」0.5mm 青

先日、ブルーブラックを紹介したユニボールはシグノシリーズで一番最初の1994年発売と最古参なスタンダード軸の0.5mmの今回は青。

前から持ってたブルーブラックを前回の紹介で久々に引っ張り出して色々と書いていたら、細長い軸が手にフィットして持ちやすく書きやすさを再確認したというのもあって、普通の青も欲しくなってしまい買い足したという流れ。

「ユニボール シグノ スタンダード」0.5mm ブルーブラック
細長い軸で安定して書きやすい「ユニボール シグノ スタンダード」0.5mm ブルーブラック

三菱鉛筆のゲルインクボールペンであるユニボールはシグノシリーズで一番最初の1994年発売と最古参なスタンダードの0.5mmブルーブラックをご紹介。 リンク 2013年にこのスタンダードの今は廃盤となっ ...

続きを見る

ホント細長い

「ユニボール シグノ スタンダード」0.5mm 青 筆記時スタイル

キャップを開けて後ろに被せて筆記時のスタイルにするとより細長くなってこれが安定するというよりは安心するというのが良い。キャップ外したままでも握った時に全然手からはみ出すのだけれど、キャップを後ろに被せて持ってると落ち着くというかしっくり来る。それがスタンダード軸のお気に入りポイントだったりする。

とにかく好きな青

「ユニボール シグノ スタンダード」0.5mm 青 書いてみた

ゲルインクボールペンの青として一番キレイな青をしているのがシグノ。エナージェルやサラサ、ジュースアップといった他社の青はもう少し暗いというか黒が強く出るのでシグノが一番青々しいというかキレイで鮮やかで見返した時にスッキリして見えるという部分でとても気に入っている。

濃い青で書きたい場合にはブルーブラックを使うというのもあるので、普通に青で書きたいって時には鮮やかな青が欲しくなってしまう。だからこそどこでも売ってる通常ラインナップの「青」って色で一番鮮やかなシグノは普段遣いのペンの1つに入れておきたくなってしまう。RT1もいいけれど、細長い軸の書きやすさもあるのでスタンダード軸がシグノでは好きなのでありました。

欲を言えば太めなボール径好きとしてシグノシリーズは307を除いて0.7mmは黒のみになってしまったので、青も再び0.7mmを出して欲しい。

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice