stationery

廃棄漁網をアップサイクルした生地を用いたコクヨの立つペンケース「ネオクリッツ<From Fishing Nets Recycling>」

「ネオクリッツ<From Fishing Nets Recycling>」

コクヨから、一般社団法人ALLIANCE FOR THE BLUEと連携し、回収された廃棄漁網を原材料の一部に使用したペンケース「ネオクリッツ<From Fishing Nets Recycling>」を、2022年7月13日(水)より数量限定で発売するということでご紹介。

コクヨグループは2022年、「自律協働社会の実現に向け、ワクワクする未来のワークとライフをヨコクし、事業を通じて持続可能な社会を牽引していく」とするサステナブル経営指針を策定しました。商品のライフサイクル全体での環境負荷低減に向けて様々な取り組みを進める中で、国際的に注目の高まる海洋プラスチック問題にも懸念を抱いています。

ALLIANCE FOR THE BLUEは、公益財団法人日本財団の支援により設立された海洋環境保全と経済性の両立を目指す業界横断プラットフォームで、当社も2020年の発足当初から参画しています。日本に漂着する海洋プラスチックごみの中でも、容積に占める割合が約26%と最も多いのが漁網・ロープであり、ALLIANCE FOR THE BLUEでは、廃棄される漁網の回収と再生の仕組みづくりを推進しています。

本商品は、ALLIANCE FOR THE BLUEと、その協働企業との連携により、廃棄漁網を原材料の一部としてアップサイクルした生地を表面に使用しています。また、裏生地に漁網らしさを伝える格子状の柄が入ったリップストップ生地を用い、ファスナーには海洋生物の模様を由来とする「チューリングパターン」をあしらうなど、海との親和性を持ちつつ、日常生活を楽しく彩るデザインとなっています。漁網と文具という意外性のある組み合わせを通じて、海洋プラスチック問題への興味や関心の拡大に寄与することも意図しています。

なお、本商品の売上の一部はALLIANCE FOR THE BLUEを通じて、海洋環境の保全に役立てられます。

商品特長

廃棄漁網をアップサイクルした生地を表面に使用

廃棄漁網をアップサイクルした生地を表面に使用

ALLIANCE FOR THE BLUEの協働企業であるリファインバースグループにて、回収された廃棄漁網を細かく粉砕し、再生プラスチックのペレット(REAMIDE®)にし、再生ナイロン糸へと加工します。その後、再生ナイロン糸は、同じく協働企業であるモリトグループにて、ポリエステルの糸と製織され、廃棄漁網を原料に含む生地を製造します。生地は当社にて各種品質試験(強度・色落ち・耐光等)を行った上で、ペンケース表面(グレー部分)に使用されています。

※「REAMIDE」は(株)リファインバースグループの登録商標です。

海洋生物の模様に由来する「チューリングパターン」をファスナーに

ネオクリッツ<From Fishing Nets Recycling>5パターン

生物が作り出す規則性のあるランダム模様を、数式によって再現した「チューリングパターン」をファスナーにあしらいました。イメージした生物はブリ、タテジマキンチャクダイ、チンアナゴ、ハコフグ、サンゴの全5種で、海の生き物に親しみを感じながら使えるデザインとなっています。

めくった時に見える裏生地には、漁網らしさを感じる格子柄のリップストップ生地を採用しました。

開いてめくると、ペン立てのように使える「立つペンケース」

開いてめくると、ペン立てのように使える「立つペンケース」

本商品の元になったペンケース「ネオクリッツ」は、ファスナーを開いて上部をめくるとペン立てのように使える機能性が特長です。ペンケースとしてだけではなく、ポーチとしてもお使い頂けます。

商品概要

商品名 ネオクリッツ<from Fishingnets Recycling>
価格 (税抜)¥2,500
サイズ W85×D50×H195mm
材質 表材:再生ナイロン
内装:ポリエステル
芯材:PP
パターン ブリ、タテジマキンチャクダイ、チンアナゴ、ハコフグ、サンゴ
発売日 2022年7月13日(水)

※小物スペースはポケットにはなっておりません。収容物にご注意ください。 
※縫製品ですので、上記寸法には差が出る場合がございます。ご了承ください。

気に入ったら使ってみよう

コクヨの立つペンケース「ネオクリッツ」に廃棄漁網をアップサイクルした生地を用いた「ネオクリッツ<From Fishing Nets Recycling>」。

このグレーな色とファスナー部分のカラフルなバランスがなかなかシンプルでイイ感じ。環境負荷低減への取り組みの1つとしての商品ではあるけれど、好みで気に入ったからって理由で使うのでいいと思う。

-stationery
-,

© 2023 sutero choice