stationery

この快適な書き味は凄いぞ!「KOKUYO ME 標準ゲル」

KOKUYO ME 標準ゲル Grayish Black

コクヨのカラフルなラインナップで文具を身近にがテーマな「KOKUYO ME」シリーズのゲルインクボールペンである「KOKUYO ME 標準ゲル」の軸色グレイッシュブラックをご紹介。

エラベルノのME版

このペン、コクヨの軸とリフィルを自由に選んでつくる「エラベルノ」ってペンがあったんだが、それの標準タイプの軸をカラフルに着色しリフィルはゲルの0.5mmの黒という構成。

あったと書いたけれど、エラベルノは既に廃番。で、この「KOKUYO ME 標準ゲル」も生産終了していてまだ売ってるものの、在庫限りな商品。

現在、これらのラインナップでカタログにあるのはこのペンに入ってる0.5mmの黒インクのリフィルのみ。

握りやすくて書きやすいグリップ

「KOKUYO ME 標準ゲル」ペン先

ノック式でラバーグリップ部分が少し盛り上がっていて、↑の画像ではクリップと同じ上を向いたグリップ部分が平らにカットされた形状になっている。

この平らな面に親指が当たるように握るととても安定した筆記が可能で、単純ではあるがなかなか考えられてるな~と感心。

グリップの少し上に丸く穴が開いている部分が見えるが、これは中のリフィル確認用で軸が透明ではない代わりに、何色のインクリフィルが入っているのかがひと目で分かりやすくなっている。

抜群の書き心地

「KOKUYO ME 標準ゲル」書いてみた

書いてみると真っ黒で太めな筆跡。0.5mm表記なんだが、実際は他社の0.7mmと同程度の線幅になる。

これが、太さもあるけれど、とても滑らかで書いていて楽しい。インクフローが良いので軽く握っても楽々スムーズに書けるし、筆圧強めでもドバドバになることもなく快適に書けるという、なんとも最高な書き味。

軸の持ちやすさもあるけれど、これはインクがかなり優秀。

エラベルノが普通に売ってた頃に買おうと思いつつも買わず、まあエナージェルとかシグノやサラサで充分って思ってた部分もあって、こんなに優れた書き味のペンとは微塵も思ってなかったのが悔やまれる位に良く出来たペンであります。

リフィル的には今回の0.5mmと0.7mm、インクの色は黒・赤・青・ブルーブラックがあったんだが、これはブルーブラックを使ってみたかった。0.5mm黒以外生産終了になってます。

サラサのリフィルが使える

0.5mm黒のリフィル以外、生産終了になってしまった「KOKUYO ME 標準ゲル」。まだ買えるとはいえ、いざ買って使って特に軸が気に入った場合に、リフィルもそのうち無くなるだろうからどうしよう!?となったらサラサのリフィルが使えます。

一応、エナージェル、シグノ、ユニボールワン、サラサクリップ、ジュースアップのリフィルを入れて比較してみたところ、どれも入るけれど、一番違和感なく標準のリフィルと変わらない感覚で使えるのがサラサのリフィル。

それでも、買えるうちは専用なエラベルノのリフィルを使うのがベストかな。

わりと太めなボール径好きで滑らかさと快適な筆記を求めるならば、一度このペンは試してみて欲しい。そのくらいイイです。

-stationery
-,

© 2022 sutero choice