music

アグレッシブなサックス&ヴィブラフォンが堪らない「Dutch Williams - Ghost for the Offering」

ジャズベーシスト、Dutch Williams(ダッチ・ウィリアムズ)の2022年7月22日に配信開始された「Ghost for the Offering」をご紹介。

ベーシストって情報以外、全然知らないというか分からないのだけれど、この楽曲の参加メンバーにサックスのImmanuel Wilkins(イマニュエル・ウィルキンス)とヴィブラフォンのJoel Ross(ジョエル・ロス)という最近話題で共にブルーノートからアルバムをリリースしてる実力者がいて、ドラムも様々なセッションやバンドに参加しているObed Calvaire(オベド・カルヴェール)、ストリングスアレンジにこちらもあんまり知らないJesse Grandmont(ジェシー・グランモン)という面々。

疾走感溢れるリズムセクションにアグレッシブなサックスとヴィブラフォンがインプロヴィゼーションのように自由に絡んだりユニゾンしたりとなかなかエモい展開。ストリングスもそれを煽るように鳴ってて臨場感を高めてる。

大好きなアルバムである「Chick Corea - Return to Forever」を彷彿とさせるフュージョン初期のあの感じを思い出してしまった。

かなり好きな音。

穏やかで心地良いヴィブラフォンなジャズ「Joel Ross - PRAYER」

続きを見る

-music
-, , ,

© 2022 sutero choice