stationery

シンプルな外観の自動で芯が出てくるシャーペン「nocfree(ノクフリー)」

2023/10/13

nocfree(ノクフリー)

サンスター文具から、“自動芯出し機構”を採用したオートマチックシャープ『nocfree(ノクフリー)』(全8色・495円 税10%込)を2023年10月下旬より発売するということでご紹介。

商品特長

ノックからの解放!“自動芯出し機構”を採用

自動芯出し機構

ノクフリーは自動で芯が出てくる“自動芯出し機構”を採用。筆記時にペン先が紙面に当たり上下運動することで自動で芯が送り出される仕組みです。

ペン先~グリップ

本体サイドのノックをするのは使い始めの1回だけで、ノックの煩わしさを気にせずに書き続けることができます。ガイドパイプ付きで、芯折れを防いでくれます。

「タイパ」抜群で筆記に集中できる

「タイパ」抜群で筆記に集中できる

従来のシャープペンと比べて、ノックから解放されることでタイパ(タイムパフォーマンス)の向上にもなります。

持ち手部分もラバーグリップで滑りにくく、筆記に集中できることで、勉強や仕事などの効率化にもつながります。

商品概要

「nocfree(ノクフリー)」ラインナップ

商品名 オートマチックシャープ『nocfree(ノクフリー)』
価格 495円(税込)
サイズ W14×H146×D10mm
材質 ABS・PC・PMMA・AS・POM・シリコーンゴム
芯径 0.5mm
軸カラー 全8色
クールブラック・コーラルレッド・アイスホワイト・ナイトネイビー・オーキッドピンク・ミントブルー・ラテベージュ・セピアバイオレット

↑リンク先でカラーが選択出来ます。

お手頃価格の自動芯出しなシャーペン

サンスター文具の自動芯出し機構を搭載したシャープペンシル「nocfree(ノクフリー)」。

キャッチコピーに「自動で芯が出てくる画期的なシャープペンシル」ってあるけれど、サンスター文具として初な感じであって、他メーカーではわりと種類もあったりする。

ただ、495円(税込)という価格を考えると、他メーカーの自動芯出しタイプと比べてもお手頃価格で、軽量なのが好きだったりシンプルなシャーペンが一番!って人であればとても良い選択になりそう。

ボールペンや万年筆と比べると、シャープペンシルは圧倒的に軽量な方がガシガシと長時間書くには向いているので、受験や資格等の勉強には最適。

発売されたら店頭で実物をチェックしてみよう。

オレンズAT デュアルグリップタイプ
自動芯出し&握りやすいグリップ搭載でオレンズネロとスマッシュのいいとこ取りな新しいシャーペン「オレンズAT デュアルグリップタイプ」

ぺんてるから、「オレンズAT(オレンズエーティー) デュアルグリップタイプ」を、2023年1月24日(火)より発売するということでご紹介。 「オレンズAT デュアルグリップタイプ(以下、オレンズAT) ...

続きを見る

ぺんてる オレンズネロ 0.3mm
芯が折れない極細シャーペンの最高峰ぺんてる「オレンズネロ」0.3mm

芯が折れない「オレンズシステム」に加えてノック1回でずっと書き続けられる「自動芯出し機構」を搭載した真っ黒なボディが特徴的な極細高級シャープペンシルなぺんてるの「オレンズネロ」の0.3mmをご紹介。 ...

続きを見る

KURUTOGA DIVE
クルトガの最上位モデル「KURUTOGA DIVE」の発売日が2023年3月3日に決定

先日、継続販売が決定したとエントリしてた三菱鉛筆の“芯が回ってトガり続けるシャープ”『クルトガ』シリーズから、書き始めから書き終わりまでノックすることなく書き続けられ、繰り出し量を5段階調節できる世界 ...

続きを見る

-stationery
-,