広告 stationery

昭和な鉛筆っぽいシャープペンの進化した令和版「ノックペンシルM-1700」

2024/02/19

ノックペンシルM-1700

ゼブラから、軽くて使いやすい鉛筆型のシャープペン「ノックペンシルM-1700」を2024年3月4日より発売するということでご紹介。

シャープペン市場の変遷と今回発売の経緯

1950年代に登場したノック式シャープペンは当時値段が高く普及していませんでした。1980年にゼブラが100円のシャープペン「ノックペンシル」を発売。鉛筆のような外観でノックすれば書き続けられる便利さで大ヒット商品となりました。一般に普及したシャープペンはその後、ラバーグリップ付きや金属製のボディなど高機能で高価格のものが人気に。シンプルな機能の『ノックペンシル』は2001年に廃盤。しかしその後20年以上もの間、お客様から再販を求める声が数多く届けられていました。

初代ノックペンシル テレビコマーシャル映像

初代ノックペンシル テレビコマーシャル映像

書いたり消したりできるシャープペンは現在も、勉強のためのノート書きや書類へのメモ、予定表の記入などに日常的に使われています。一方でパソコンやタブレットと併用することも増え、筆記具には片手で素早く書き続けられる軽量さと機能性が求められています。
今回ゼブラは、長年再販を希望されていたお客様の声に応え、初代ノックペンシルが持つシンプルな要素を継承しながら、現代のニーズに沿った機能を搭載した令和版『ノックペンシルM−1700』を発売します。

商品特長

出す・書く・消すが片手でスマートに完結するシャープペン

鉛筆のようなやわらかな六角軸。グリップ部品がなくシームレスな軸なので持つ位置を選ばない

鉛筆のようなやわらかな六角軸。グリップ部品がなくシームレスな軸なので持つ位置を選ばない

振るだけで芯が出るフリシャ機能搭載。持ち替えずに素早く芯を出せる

振るだけで芯が出るフリシャ機能搭載。持ち替えずに素早く芯を出せる

キャップが要らない繰り出し式消しゴム。キャップを失くす心配が無い

キャップが要らない繰り出し式消しゴム。キャップを失くす心配が無い

シャープペン需要

シャープペン需要 グラフ

シャープペンは男女とも学生層がほぼ毎日使いますが、社会人も使用しています。特に40代〜50代の団塊ジュニア世代の男性は、週1日以上使用する率が5割を超え、学生に次ぐ使用頻度となっています。

大人世代は、学生時代にシャープペンを使って育っていることから懐かしさを感じ、ボールペンにはない軽い書き心地と消し書きができる便利さを改めて認識する人が多い傾向にあります。

お客様が求め続けるノックペンシル

初代ノックペンシルM-1300

初代ノックペンシルM-1300

1980年にゼブラが発売した一本100円のシャープペン「ノックペンシルM-1300」。形を鉛筆型にして当時学校や職場でよく使われていた鉛筆の代わりに使ってもらうように開発しました。

鉛筆のように芯を削って出す手間がなく、ノックすれば書き続けられる便利さで一大ブームとなりました。昭和世代の人にとっては、シャープペンといえばこの形の印象が強く残っています。ちなみに、初代の消しゴムはキャップ式でした。

上:初代「ノックペンシルM-1300」
下:今回「ノックペンシルM-1700」

上:初代「ノックペンシルM-1300」
下:今回「ノックペンシルM-1700」

2001年に廃盤となった「ノックペンシル」には、お客様から再販を求める声が最近まで寄せられていました。

  • 「鉛筆と同じでクリップがなく軽くてシンプルだから使いやすい」
  • 「書き心地が良くもう30年以上使っている」
  • 「ノックペンシルの再販予定はありませんか?」

今回「ノックペンシルM-1700」開発者の声

ノックペンシルは、廃盤後いまだに多くのお問合わせをいただいており、歴代のゼブラ商品の中でも多くのお客様にご愛顧いただいていた商品です。時代に合わせた進化を遂げた新しい「ノックペンシル」を1人でも多くのお客様様の手にお届けして、改めて愛されるブランドにしたい思っております。

ノックペンシルM-1700 透明

初代のノックペンシルの型番は「M-1300」で、その後「M-1400」「M-1500」「M-1600」までラインナップが連番で発売されており、今回の新商品は「M-1700」とし歴代のコンセプトを引き継ぎました。

商品概要

ノックペンシルM-1700 使用イメージ

商品名 ノックペンシルM-1700
価格 220円 (税抜200円)
芯径 0.5mm
消しゴム ゼブラNタイプ
カラー ネイビー、グレー、ホワイト、ブラック、透明

↑リンク先でカラーが選択出来ます。

こういうシンプルで細長いのがイイのよね

ゼブラの1980年に初代モデルが登場した「ノックペンシル」が復刻ではなく進化した新商品「M-1700」として発売される、と。

これ、中学生くらいの頃に使ってましたわ。初代じゃなく何代目かのモデルの黒を。

懐かしさからというよりも、鉛筆的な軽量で細長い軸が書きやすいって感じているので、最近の高機能でゴツいシャープペンがたくさん書くには向いていないのもあり、シンプルなM-1700みたいなタイプが登場するのは大歓迎。

1本買うなら、グレーかな。とってもキレイでブラックなノック部分とのコントラストがイイ感じ。買ってみましょう。

-stationery
-, ,