stationery

極細系では一番の書き味!パイロットのジュースアップ

投稿日:

パイロット ジュースアップ

ボールペンはわりと太めのインク幅が好きなのだけれど、極細系で選ぶならこのパイロットのジュースアップが他を圧倒して滑らかで書き心地が良い。

今回は水性顔料ゲルインキボールペン、パイロットのジュースアップ、0.4mmのブルーとブルーブラックのご紹介。

ペン先

パイロット ジュースアップ ペン先

ノックすると金属のペン先からこれまた金属のチップと先端のボールが出ているその間が黒くなっているのが見受けられるが、ここがゴムの様な柔らかい素材で出来ていて衝撃吸収材のような役割を果たしてくれているようで、これが筆圧の高い人でも極細なのにスラスラ心地良く書けるってことにひと役かってくれている。

新開発のシナジーチップというのが採用されているから滑らかってこともあるのだけれど、それ以上に黒い柔らかい衝撃吸収材の部分が効果を発揮しているってずっと書いているとすごく思う。

書いてみてると

パイロット ジュースアップ 試し書き

パイロット的な色合いで、ブルーは多少暗めでブルーブラックは黒に近いくらいに濃い。0.3mmもあってそちら方が極細!って言えるけれど、自分の筆圧の高さと太めの方が気に入っているという趣向から書き心地と書いた字面の太さのバランスの良さで0.4mmがベストになる。

普通なら迷わず0.5mmを選ぶけれど、細くてもイイ!ということでの0.4mmチョイス。

万人にオススメ出来るペン

ペン幅が0.3/0.4/0.5mmの3種類に基本のカラーが10色と黒や濃い色の紙に書く用のパステル&メタリックカラーが12色という豊富なラインナプで、筆記の用途や目的に応じて対応出来るし水性顔料で速乾性と耐水性に優れたスラスラ滑らかな書き味ってことで、1つ持っておいて損はない、ってペン。

欠点があるとすれば

ノック式のボールペンなので、筆記時にノック部分のプラスチックが遊びがある状態になるのでガンガン書いてるとカチャカチャうるさいってことかな。この部分、気になる人には鬼のように気になる所なので。普通にスラスラ程度に書く分にはほぼカチャカチャならないかな。

-stationery
-

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.