stationery

パイロットのジュースアップは0.5mmが最高に滑らか

2021/04/29

パイロット ジュースアップ 0.5mm ブルー

これまでも何度か紹介している極細系なゲルインクボールペンとしてはかなり滑らかなパイロットのジュースアップ。今回はラインナップ中で一番太いボール径0.5mmのブルーを。

0.5mmはずっとスルーしていた

ジュースアップは0.3mmと0.4mmが2016年8月10日発売で約3年後の2019年6月7日に0.5mmが発売されているのだが、0.4mmを発売直後に購入しててある程度の書き味を理解していたし、他のゲルインクボールペンを多用してたり太めなボール径好きなのもあって、0.5mmはホントつい最近まで試し書きをすることもなく完全スルーだった。

後発でカラーも少ないが0.5mmがベストな書き味

0.4mmだと22色と豊富に揃うカラーも0.5mmになるとブラック、レッド、ブルー、ブルーブラックとたったの4色。だからというのが理由でもないけれど全く眼中になかった0.5mmをようやく購入したのがつい先日。

実際に書いてみてその書き味に驚いた。0.4mmとは全くの別物で鬼滑らかだ!と。

0.3mmや0.4mmと同じシナジーチップ搭載で極細系のゲルインクボールペンとしても滑らかだなーって感じてはいたものの、0.5mmとなるとそのスラスラ感がワンランク上がるというか、別のペンなんじゃないかって錯覚するくらい心地良い書き味になるんである。

0.5mmで書いたあとに0.4mmで書くとカリカリ感を感じてしまう程。そのくらいに0.5mmは筆圧強めでも柔らかい書き味で最高である。

並べてみてもほとんど一緒

パイロット ジュースアップ 0.4&0.5 ブルー

0.4mmと0.5mmのジュースアップのブルーを並べてみても当然だが一緒の外観。違うのは軸の「04」と「05」の文字と僅かなペン先の太さの違いのみ。

0.1mmの違いでこんなにも書いた感じの印象が変わるのかーと改めて思う。

書いてみると

パイロット ジュースアップ 0.5mm ブルーで書いてみた

比較として軸と同じく0.4mmでも書いてみている。

一見して0.5mmのインクフローの良さがハッキリ分かる。そう、0.1mmの太さの違い以上に滑らかなのはこのせい。かなり寄って撮っているから0.5mmは太すぎる感じもしているけれど、一般的な0.5mmのペンと変わらない線幅。逆に0.4mmがとても細くて他社の0.38mmよりも細く感じる場合もある。

とにかく細かく書きたいって場合には0.3mmか0.4mmがいいとは思うけれど、ジュースアップならではのシナジーチップの滑らかさ&インクフローの良さを堪能したいならば0.5mmで書くのが正解。何度も繰り返すけれどそれだけ書き味が最高なのが0.5mmのジュースアップなんである。

0.5mmが10色展開に

PILOT Juiceup 0.5mm ニューカラー6色
パイロットのジュースアップで一番滑らかに書ける0.5mmに6色追加で10色展開に

先日エントリしたばかりなジュースアップの光沢感がありつつダークなカラーリングの「クラシックグロッシーカラー」の影に隠れて、これまで4色のみの展開だった通常のジュースアップのボール径0.5mmに6色がし ...

続きを見る

パイロット ジュースアップ
極細系では一番の書き味!パイロットのジュースアップ

ボールペンはわりと太めのインク幅が好きなのだけれど、極細系で選ぶならこのパイロットのジュースアップが他を圧倒して滑らかで書き心地が良い。 今回は水性顔料ゲルインキボールペン、パイロットのジュースアップ ...

続きを見る

パイロット ジュースアップ04 バイオレット
紫系インクのペンを求めて:パイロット ジュースアップ04 バイオレット

紫系インクなペン、8回目となる今回は細くて滑らかなシナジーチップを搭載した水性顔料なゲルインキボールペン、パイロット「ジュースアップ」0.4mmのバイオレットをご紹介。 言うまでもなくスラスラ心地良く ...

続きを見る

パイロット ジュースアップ 04 グリーン
たまには緑インクも良いその4「パイロット ジュースアップ04」グリーン

緑インクなペン紹介の4回目は細くて滑らかなシナジーチップを搭載した水性顔料なゲルインキボールペン、パイロットの「ジュースアップ」0.4mmのグリーン。 今やパイロットのゲルインキボールペンでは一番売れ ...

続きを見る

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice