stationery

軽く持って書けば空気のようにスラスラ書けるユニボール・エア

投稿日:

ユニボール エア

持ち方や筆圧、ペン先の角度で太さが変えられるフワフワとしたなんとも気持ちの良い書き心地の水性ボールペン、ユニボール・エア。

よく、ぺんてるのトラディオ・プラマンの書き味と似てる、とか、万年筆のようって言われたりもするけれど、ちょいと違うな。このユニボール・エア独特の書き味を持っている。

ペン先

ユニボール・エア ペン先

画像の左側が0.7mmで右が0.5mm。パッと見た感じ一緒に見える。ボールの周りが普通のペン先みたいな金属ではなく黒いゴムっぽい樹脂系で覆われているために角度の付け方で描線幅が変わっていくって構造になってる。

0.5mmは描線幅が0.3~o.5mm、0.7mmの描線幅は0.4~0.6mmって表記されている。

書いてみると

ユニボール・エア 書いてみた01

紙に対してわりと垂直に近く当ててかつ筆圧が高いので0.5mmも0.7mmも似たような太さになってしまっているがこんな感じ。筆圧高いとインクフローも凄くてドバドバと出る感じで若干滲む。

ユニボール・エア 書いてみた02

そっくりなのだけじゃ意味ないのでもう一枚。今度はクルクル書いてる。0.5mmも0.7mmも上段がぺんを紙に垂直に当ててクルクルしてて、下段がペンを寝かせてクルクルしてみた書き方。多少は持ち方で太さが変わるのを分かっていただけたかと。

ほとんど使っていない

書き心地的には最高ランクにスラスラで非常に良いんではあるが、発売されたばかりの頃に買ってすぐだけ色々書いてそれ以降は全然使わなくなってしまった。

理由は簡単で筆圧が高いから。筆圧高いとインクフロードバドバで滲むってさっきも書いたけれど、滲むことに伴って裏写りもするんである。所有する数ある水性系のボールペンで裏写りするのはユニボール・エアだけ。

もう一つ、ユニボール・エアの特徴でもある筆圧や持ち方で描線幅をコントロールして書けてないから単調で思ってるより太めに書けてしまい、5ミリ方眼では活躍できていない。

筆圧軽く遊べるペンとしてオススメ

スラーっと自由に5ミリ方眼内とかにとらわれずに色々な変化を付けて楽しんで書くペンとしては最高。漢字書くならトメやハネも表現できるしイラストとかそういう方面でなら良いに違いない!

0.5mm

0.7mm

-stationery
-

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.