stationery

たまには緑インクも良いその2「ユニボール シグノ RT1」0.5mmグリーン

2020/01/24

ユニボール シグノRT1 0.5mm グリーン

前回、緑色インクで書くのが好きだった頃に使ってたサラサクリップのビリジアンで書いてみてまた緑色インクもイイなーって買ってきたのが今回ご紹介する「ユニボール シグノ RT1」の0.5mmグリーン。

ゼブラ サラサクリップ 0.5mm ビリジアン
たまには緑インクも良いゼブラ「サラサ クリップ」0.5mmビリジアン

その昔、緑インクなペンでばかり書いていた時期があり、久々に緑で書きたいなーと引き出しから取り出したサラサクリップの0.5mmビリジアンをご紹介。 リンク サラサクリップの緑系はいっぱいある 全56色も ...

続きを見る

0.5mmゲルインクで緑色インクとしては一番滑らか

ユニボール シグノRT1 0.5mm グリーン ペン先

シグノRT1はシグノシリーズの中でも「エッジレスチップ」というペン先チップの角を丸く加工することによって引っ掛かりにくいという特徴があるのだけれど、筆記するにあたってそれがとても役立ってて滑らかに書ける。

シグノにはより滑らかな「シグノ307」もあるけれど、緑色インクは無いので、緑色インクとして一番滑らかなのは「シグノRT1」ってことに。

書いてみると

ユニボール シグノRT1 0.5mm グリーンで書いてみた

比較として前回のサラサクリップ0.5mmビリジアンも一緒に書いてみた。シグノRT1のグリーンは明るくてちょいと黄色が入ったグリーンに対してサラサクリップのビリジアンは黒の入った濃い緑といった感じ。文字的にはビリジアンの方がハッキリくっきりするけれど、シグノRT1のグリーンはこれでイイ色で好きな感じ。

書き味的には圧倒的にシグノRT1の方が滑らかで書いていて楽しい。紙への当たりがマイルドというか、スラーっと滑る感じ。

緑系のインクは各社でホント色具合が違うのでまた緑系インクのエントリをしようと思っております。

-stationery
-, ,

© 2020 sutero choice