music

アンビエントな電子音とピアノが美しい「Gigi Masin - Khalifa Golf Club」

Gigi Masin - Khalifa Golf Club

1980年代半ばからイタリアで音楽活動を続けるヴェネツィア出身のアンビエントなミュージシャン、ジジ・マシンの2020年2月28日リリースのアルバム「Calypso」からの先行配信となる2020年1月21日配信開始のシングル「Khalifa Golf Club」をご紹介。

長いキャリアの中で世界的に知られるようになったのはホントここ5~6年のこと。実際、Spotifyでオススメされるまで全然知らなかったし。

そんな経緯はともかくとして、この曲はそこそこテンポのよい軽快で高音気味の電子音フレーズのリピートにピアノがとても美しく載っかってきて聴き心地が良い。アンビエントメーカーらしいリバーブやエコー等の残響音の処理のテクニックがとても素晴しくてフワフワでありつつ重たい響きに包まれる。

曲タイトルがゴルフ場なんだが、そこは全然一致しないしあんまり意味もないのかも(笑)。尺が6分12秒なんだがとても短く感じてしまう。

この曲も入ったアルバム「Calypso」のリリースが楽しみである。夜中にヘッドホンでじっくり聴きたい。

-music
-

© 2020 sutero choice