stationery

スタンダード軸でも圧倒的にヌラヌラ書きやすいパイロット「アクロボール 150 中字 青」

アクロボール 150 中字 青

久々に書いてみて、やっぱりとても滑らかで書きやすいなーって感じたパイロットの油性ボールペン「アクロボール 150 中字 青」をご紹介。

これまでにもアクロボールの最上位ラインナップな金属軸のアクロドライブやアクロボールとは直接名乗っていないけれどインキはアクロインキになっているコクーンを鬼のようにスラスラ書ける油性ボールペンだ!ってことで紹介してたりもしますが、スタンダードな軸のアクロボール150も同じアクロインキとしてこれまたアホみたいに滑らかに書ける油性ボールペンであります。

実は徹底して使った感想を書いていた

11年前の2009年に0.7mmの黒インキのアクロボール150を1週間書きものは全てこのペンを使って書くってことをしてレビュー的に書いてたりもします。

PILOT Acroball

PILOT | アクロボール パイロットの滑らかな書き味が売りの油性ボールペンAcroballを先週購入し、1週間ほど書き物は全てこのペンで書いてみる、という感じで試してみた。 完全に油性で滑らかでヒ ...

続きを見る

スタンダード軸の強みは軽さとグリップ

アクロドライブやコクーンとは違い、スタンダード軸なアクロボール150はなんといっても軽い。その軽さでスラスラ~ヌラヌラな書き味を実現してくれているしっかり握れるタイヤパターングリップが書いていて握りが滑ることなく軽快に記述できるというのがとても良いというかこのペンの最大の強み。

油性ボールペンはボール径太めがイイ

アクロボール 150 中字 青 で書いてみた

アクロボール150のボール径は0.5/0.7/1.0mmと3種類あるけれど、今回の中字の青とは1.0mmのブルー。このくらい太い方が当然滑らかであるし、書いていても楽しい。5ミリ方眼にも全然収まる文字も書けてしまう。

太めなボール径は好みがあるし、漢字やひらがな等細かい文字を書く日本語では細めなボール径が主流ってことも重々承知してはいるけれど、1.0mm程度あればヌルヌルと書けるし、後で見返す場合にもハッキリとした文字が書かれているので勉強なんかに使うなら太めなボール径が良い。

150円+消費税でヌラヌラを体感できるアクロボール150。ジェットストリームより全然好きです。

アクロインキなペン

白い外観と程よい重量バランスでヌラヌラ書ける油性ボールペン、PILOTのCocoon。(パイロット・コクーン)

先日紹介したぺんてるのエナージェル・トラディオと同じく、白い外観の青インクペン、という分類としては一緒なのだけれど、ほんのちょっと高級で重量的にも少しズッシリしていつつ、落ち着いてゆったりと文字が書け ...

続きを見る

パイロット ドクターグリップ
圧倒的な優しいグリップ感と真っ黒なボディでスラスラ書ける油性ボールペンDr.Grip(ドクターグリップ)

真っ黒でシンプルでありつつどんな握り方にも対応してて書き心地もスラスラなペンが欲しいとなればこのパイロットのドクターグリップで決まりでしょう。 リンク ソフトなグリップで書き続けたくなる 筆圧が高めな ...

続きを見る

パイロット アクロドライブ ホワイト
白い軸に黒いクリップで完璧な外観のヌラヌラ油性ボールペンPILOT「アクロドライブ」

白い外観でヌラヌラと書ける油性ボールペンとして以前同じくパイロットのコクーンを紹介しているが、今回ご紹介するのは白い外観はもちろん黒いクリップで引き締まって見えて書き味もとてつもなく素晴らしい「アクロ ...

続きを見る

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice