electric

ThinkPadのトラックポイント同様の静電容量式ポインティングスティックが搭載されたメカニカルキーボード「ARCHISS Quattro TKL」

ARCHISS Quattro TKL

アーキサイトから自社ブランドARCHISS(アーキス)のポインティングスティック搭載でマウス操作も可能なメカニカルテンキーレスキーボードQuattro TKL(クワトロ テンキーレス)を本日2020年7月16日より販売開始ということでご紹介。

Quattro TKLの特徴

キー入力をしながらマウス操作

高感度な静電容量式ポインティングスティックを搭載しています。スティックを指で操作した際の、微小な荷重変化を2次元センサで検出。マウスカーソルの移動方向と移動量へ変換することで、マウス同等の操作を実現しています。

“凹型”と“凸型”2つの形状のスティックキャップを用意

専用に開発したスティックキャップは交換が可能です。材質には膨潤に強いエラストマー樹脂を採用。柔らかさのある質感で、指に優しく操作性をより快適にします。

  • 撫でるような操作に最適な“凸型”
  • より指先へのフィット感を重視した“凹型”

2つの形状を用意しており、好みに合わせて付け替えが可能です。汚れや破損に備え、スペアキャップも付属します。

ホームポジションを意識したマウスボタン機能の割り当て

マウス操作に必要なボタンはキーボードのスイッチに割り当てられています。

マウス3ボタンの割り当て

  • 左右マウスボタン:スペースキー両側のキー(※1)に割り当てています。ホームポジションに手をおいた際、親指で操作可能です。
  • センターマウスボタン機能:“Fn+左Shiftキー”に割り当てています。

(※1:日本語配列の無変換/変換キーと左右マウスボタンは、“Fn+Spaceキー”で切り替え可能。)

垂直スクロールの操作方法

垂直スクロール(ウェブブラウザやエクスプローラ等対応アプリのみ):Fnキーを押しながら、ポインティングスティックを操作(※2)。

(※2:水平スクロール動作には対応していません。)

摩耗に強い昇華印刷採用/PBT製1.5mmの肉厚なロープロファイルキーキャップ

キー印字方式は、昇華印刷を採用(※3)。インクをキーキャップに浸透させるため、他の印刷方式に比べ、長時間の使用による文字の薄れがなく、耐摩耗性に非常に優れた印刷です。
(※3:斜面印字は、シルク印字になります。)

また、1.5mmと厚手で、しっかりとした押し心地のPBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂のキーキャップを採用しています。

CHERRY MXスイッチから選べる豊富なバリエーション

CHERRY MXスイッチから選べる豊富なバリエーション

搭載するメカニカルスイッチには、ドイツ・CHERRY社製のCHERRY MXスイッチを採用。スタンダードな茶軸・青軸・赤軸・静音赤軸の4種類のスイッチモデルを用意しています。

過去のARCHISSキーボードの魅力的な仕様も踏襲

  • 取り回しに便利な、3方向ケーブルガイド
  • 耐久性の高いFR-4(ガラスエポキシ)素材の二層基板
  • 安定したキー入力をサポートする、剛性の高い鉄板シャーシと筐体設計
  • ラバーストッパー付きのチルトスタンド

主な仕様

サイズ     : 360.0×D140.0×H26.0~36.0mm(スタンド未使用時)
重量      : 975g(ケーブル除く)
インターフェース: USB
ケーブル長   : 1.8m(脱着式)
対応OS     : Windows10

製品ラインナップ

ブランド名:ARCHISS(アーキス)
製品名  :ARCHISS Quattro TKL(アーキス クワトロ テンキーレス)ポインティングスティック搭載 メカニカルテンキーレスキーボード 黒ボディ・グレーキーキャップ モデル

型番[搭載スイッチ名]

【日本語JIS配列・91キー(かな印字あり)】

AS-KBQ91/CGBA [CHERRY MXスイッチ 青軸搭載]

AS-KBQ91/TGBA [CHERRY MXスイッチ 茶軸搭載]

AS-KBQ91/LRGBA [CHERRY MXスイッチ 赤軸搭載]

AS-KBQ91/SRGBA [CHERRY MXスイッチ 静音赤軸搭載]

【英語US ANSI配列・89キー】

AS-KBQ89/CGB [CHERRY MXスイッチ 青軸搭載]

AS-KBQ89/TGB [CHERRY MXスイッチ 茶軸搭載]

AS-KBQ89/LRGB [CHERRY MXスイッチ 赤軸搭載]

AS-KBQ89/SRGB [CHERRY MXスイッチ 静音赤軸搭載]

メカニカル+ポインティングデバイス+レトロ配色

キーボードから手を離すこと無くマウス操作的なことが出来るポインティングデバイスは使ってみるととても馴染むし慣れるとマウスを使うのが面倒になるくらいに便利だったりする。そのデバイスがメカニカルキーボードに搭載されているというのも自分の好きな打ち心地のスイッチを選べて打鍵感も良くなるのでイイこと尽くし。

そしてこのグレー系にワンポイントな赤とオレンジの配色がレトロ感あってさらに良し。配列も日本語と英語で選べるし、光らないって部分はあるが欲しいキーボードである。

-electric
-

© 2022 sutero choice