stationery

極細シャーペンの最高峰「オレンズネロ」に待望の芯径0.5mm誕生!

2020/10/08

ぺんてる オレンズネロ 0.5mm

ぺんてるより、ノック1回で芯が出続ける話題のシャープペンシル「オレンズネロ」の芯径0.5mmを発売、2020年10月9日(金)より出荷開始ということでご紹介。

今回、オレンズネロシリーズにシャープペン市場のボリュームゾーンである芯径0.5mmが加わります。市場で一般的な芯径0.5mmを開発するにあたっても、シャープペンシルのフラッグシップモデルにふさわしい、オレンズネロならではのこだわりを込めて開発いたしました。
当社は、製図用シャープペンの開発の歴史が長く、そこで培った技術が活かされています。一般的な自動芯出し機構の製品で採用されている砲弾型ペン先ではなく、ストレート形状のパイプを採用し、視認性を確保するとともに、パイプ先端を時間をかけて丁寧に研磨することで、筆記抵抗を減らし、なめらかな書き心地を実現しました。

オレンズネロとは…

オレンズネロは、1960年にノック式シャープペンと合成樹脂を配合したシャープペン替芯(ハイポリマー芯)を世に送り出したぺんてるが、半世紀にわたり追求してきた技術を結集したフラッグシップモデルとして、2017年2月に発売しました。
1回のノックで芯が1本無くなるまで書き続けられる「自動芯出し機構」を搭載し、シャープペンシルとしては高価な3,000円という価格帯ながら、発売後はしばらく品薄状態が続くほど話題となりました。イタリア語で黒を意味する「nero(ネロ)」を名前の由来とし、ボディカラーは黒一色のみで展開しています。

オレンズネロ 芯径0.5の商品特長

こだわり抜いた書き心地

こだわり抜いた書き心地

製図用シャープペンの開発で培った技術をもとに、最適な書き心地にこだわりました。一般的な自動芯出し機構の製品で採用されている砲弾型ペン先ではなく、ステンパイプ(ストレート形状のパイプ)を採用したことによりペン先の視認性を確保しました。また、芯径が大きくなるほどパイプ先端と紙面の抵抗も大きくなりますが、パイプ先端を時間をかけて丁寧に研磨することで、筆記抵抗を減らし、なめらかな書き心地を実現しました。

よりタフで、より長く書ける芯径0.5

よりタフで、より長く書ける芯径0.5

芯径0.2mmや0.3mmよりもタフに、そして長く書き続けることが可能です。またノックや芯折れによる時間のロスを大幅に減らし、思考を遮らず書くことに集中できます。

note公式アカウント「ぺんてる シャープペン研究部」でオレンズネロ0.5開発の裏側を公開中

note公式アカウント「ぺんてる シャープペン研究部」でオレンズネロ0.5開発の裏側を公開中

「ノック式シャープペン」と「合成樹脂を配合したシャープペン替芯」の発売60周年を記念して、メディアプラットフォームnoteに公式アカウント「ぺんてる シャープペン研究部」を開設しました。

公開中のコンテンツ「シャー研INTERVIEW」では、オレンズネロ0.5mmの開発担当者に聞いた新製品開発の裏側を公開中です。あわせてご覧ください。

オレンズネロの性能やデザインをより深く楽しめる限定シリーズも同時発売

芯径0.5mmの発売を記念し、オレンズネロのデザインを施した限定シリーズとして、「詰め替えケース付きアイン替芯シュタイン」と、ホルダー式消しゴム「クリックイレーザー フォー オレンズネロ」も同時発売します。

【限定】詰め替えケース付きアイン替芯シュタイン

【限定】詰め替えケース付きアイン替芯シュタイン

オレンズネロのペン先にぴったり合うように設計されたアイン替芯シュタインは、オレンズネロの純正®芯(*)として製品の持つパフォーマンスを最大限に発揮します。持ち運びに便利な詰め替えケース付き限定品です。

*「純正」はサトーホールディングス株式会社の登録商標です

【限定】クリックイレーザー フォー オレンズネロ

【限定】クリックイレーザー フォー オレンズネロ

消しゴムもパーツもオールブラックのホルダー式消しゴムです。消しゴムの薄さがわずか3mmなので、ねらい消しに最適です。

オレンズネロの商品特長

point
1
ペン先を離すたびに芯が出てくる!ノック不要の「自動芯出し機構」

ペン先のパイプが紙面から離れるたびに、自動で芯が出てくる機構を搭載。1回のノックで、芯が1本無くなるまで書き続けられます。この機構が芯径0.2mmのシャープペンシルに搭載されるのは世界初です。

point
2
ペン先で芯を守って書く!芯の折れない「オレンズシステム」

芯の減り具合に合わせて、ペン先のパイプがスライド。パイプで芯を守ったまま書き続けられるので、芯径0.2mmや0.3mmの極細芯でも折れません。

「自動芯出し機構」と「オレンズシステム」の仕組み

「自動芯出し機構」と「オレンズシステム」の仕組み

point
3
ブレのない12角形の一体軸

前軸と後軸に継ぎ目がないことで、ブレない書き心地を実現しました。持った時の安定性と、筆記時の操作性に優れています。

point
4
バランスにこだわった低重心グリップ

書くために最適な重量バランスを追い求め、樹脂と金属粉を混ぜ合わせた特殊素材を採用しました。軽い筆圧で安定して書き続けられます。

待望の0.5mm登場

極細シャーペンの最高峰として作りや書き味も素晴らしい「オレンズネロ」だったんだが、これまでのラインナップの0.2mmと0.3mmは極細需要は満たしてくれていたものの、普通に使いたい人にとっては細過ぎるから0.5mmが欲しい!って声はよく聞いていたところにようやく待望の発売!

極細でも芯が折れにくいってコンセプトだからこれまで0.5mmはラインナップされていなかった訳ではあるけれど、同じ機構を0.5mmでも0.7mmでも、極細ではなくても折れにくく書きやすくなるのであるから、この0.5mmの登場はかなりの人にとって嬉しいはず。

個人的なお願いを言えば、0.7mmや0.9mmも出して!オレンズな機構無くていいからこのオレンズネロな外観で0.7mmや0.9mmがあったら買いますので。

販売仕様

オレンズネロ 0.5

芯径/硬度…0.5mm[内蔵芯/HB]
軸色…ブラック
品番…PP3005-A
小売価格…1本 ¥3,300(税抜価格¥3,000)

限定詰め替えケース付きアイン替芯シュタイン

芯径/硬度…0.2/HB 0.3/HB 0.5/HB
ケース色…シャンパンゴールド / シルバー / ブルー
品番…XC272W-NE / XC273-NE / XC275-NE
小売価格…1個 ¥220(税抜価格¥200)

限定クリックイレーザー フォー オレンズネロ

ホルダー色…ブラック
品番…ZE31-AA
小売価格…1個 ¥660(税抜価格¥600)

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice