stationery

思わず書きたくなってしまう濃く黒い赤「エナージェル インフリー」の新色バーガンディ0.5mm & 0.7mm

2021/02/28

「エナージェル インフリー」の新色バーガンディ0.5mm & 0.7mm

先日エントリしたぺんてるのゲルインキボールペンである「エナージェル インフリー」の新色5色のうち、「これはイイ色!」って書くのが楽しくなってしまったバーガンディの0.5mmと0.7mmをご紹介。

「エナージェル インフリー」に待望の新5色登場
「エナージェル インフリー」に待望の新色5色登場でラインナップが10色に!

続きを見る

一応全色買った

今回の新しい5色、レッド、バーガンディ、ラフグレー、ピンク、バイオレットを0.5mmと0.7mmの2種類計10本購入しておりますが、この中でホントに新色なのはバーガンディとラフグレーの2色。あとの3色は通常ラインナップにあるレッドに海外向けに存在するピンクとバイオレットと以前から持っている色でもあり、まあ押さえとこうって感じで。

まとめると以下のような感じ。

インフリー 新しい5色

  • レッド(既存カラー)
  • バーガンディ(ホントの新色)
  • ラフグレー(ホントの新色)
  • ピンク(海外向けに存在)
  • バイオレット(海外向けに存在)

外観はまあインフリー

軸やペン先にグリップと、見た目的には普通にインフリー。強いて言うなら透明軸なので、普通のエナージェルシリーズとは違ってリフィルにも色が付けられているので新色は今までにない色味なのでたくさん持ってて並べた時にリフィルの色で一応色の判別はつけられるって程度。

グリップの半透明なラバーが持ちやすくはあるけれど、見た目的には安っぽくも思えるので以前紹介してるスマートグリップを装着するとかなりカッコよくなります。

スマートグリップを装着したエナージェル インフリー
エナージェル インフリーをより洗練させるスマートグリップ

続きを見る

ペン先のチップの違い

エナージェル インフリーのボール径は0.4/0.5/0.7mmと3種類あり、0.4mmと0.5mmがニードルチップ、0.7mmが砲弾チップとなっております。

ボール径的には太め好きなので0.7mmがよくチップ的にはニードルチップが好きなので、ホントは0.7mmでもニードルチップが存在してくれるととても嬉しいのではありますが。

ちなみに0.7mmでニードルチップなペンとしては廃盤になってしまったパイロットのハイテックポイントV7や三菱鉛筆の海外向けなビジョンに存在してたりします。どちらも水性ボールペン。

書いてみると

「エナージェル インフリー」バーガンディで書いてみた

これ!何とも濃くて黒い赤!

普通にガンガン書き込むのに最適というか差し色的な感じではなく黒や青の代わりにこのバーガンディをメインのペンとして使いたくなってしまうイイ色なんである。

インクフローも潤沢で書き出しでは血の色っぽくて鮮やかな濃い赤が顔を出しつつも紙にインキが吸収されるとこの濃く黒い赤にある。ちょいとレッドブラックだったりブラウンブラックぽい色具合でもあるけれど、濃く黒いとはいえ赤であるし、視認性も良くて抜群に書くのが楽しい。

最近はブラック系だったり濃い色味のゲルインキボールペンが色々と出てきててほぼほぼ持ってたりもするけれど、このバーガンディほど「好きだわー」って思ったペンは他に無いかも。それくらい気に入ってしまった。

濃く黒い赤のバーガンディ、オススメであります。

0.5mm

0.7mm

0.4mm

-stationery
-, , ,

© 2022 sutero choice