stationery

太い軸で軽くスラスラ書けるサクラクレパス「グロッソ ゲルインキボールペン」

2021/04/18

グロッソ ゲルインキボールペン

店頭で見かけることがなかったので最近まで存在を知らなかったサクラクレパスのゲルインキボールペンである「グロッソ」。先日オンラインで購入してみたところ、なかなか書きやすくて良いペンだなってことでご紹介。

同じ外観で違うペン種が3つある

このグロッソ、全く同じ外観をした軸にシャープペンシル、油性ボールペン、そしてこのゲルインキボールペンと3種類あって違いはノックした時のペン先とクリップ部分に小さく種類がプリントされているだけと統一感はあるが紛らわしかったりもする。

軸色は3色だがインキ色は黒のみ

最初の画像で軸色がブラック、ブルー、オレンジと3色並んでいるけれど、どれも中身はボール径0.5mmの黒なゲルインキ。オンラインで買う上でこれは騙されたというか、きっちり調べずに買ってしまったのもあるけれど、「グロッソ ゲルインキボールペン ブルー」みたいな商品名になっていると知らなかったペンだけに青インキだから軸も名前もブルーになっているって思うでしょ!?

冷静になれば黒インキのみで軸色豊富ってペンは結構あるのも知っているんだが、普通に3色のインキを買ったと思って書いてみたら全部黒というオチ。

軸もグリップも太め

グロッソ ゲルインキボールペン グリップからペン先

一番太い部分が13mmと、ドクターグリップ程ではないがそれに次ぐゴツさを感じる軸にグリップ。グリップ部分は硬めのラバーではあるものの全体的な太さが軽く持ってスラスラ筆記するのにとても向いているというか、疲れにくくて良い。

普段、筆圧強めなのがこのペンだと強く握ると書きにくく柔らかく握ってふんわり書く感じが心地良いので筆圧矯正にイイかも。

可動式のクリップ

グロッソ ゲルインキボールペン 可動式クリップ

クリップは板バネで可動するサラサクリップと同じ機構になっていて、厚みのある部分でも簡単に挟めてしまう。

書いてみると

グロッソ ゲルインキボールペンで書いてみた

水性顔料で耐水性もあるゲルインキでスラスラとインクフローも良い。太い軸のおかげなのかいつもより柔らかく筆記してて文字が多少スイングしております。

それもそのはずで、実はボールサインノックと同じリフィルなのでインキが黒しか無いのに軸にはブルーやオレンジもあるのは…って思ってたけれど、軸色とインキ色をリフィル交換で揃えることが可能なんである。

名入れペン的なノベルティで活躍している

店頭では見かけたことがないと書いたけれど、この「グロッソ」グリップから上の軸が白いことから想像がつくように企業や商品の名前をプリントして配る名入れペンなノベルティとして活躍しているようで、オンラインショップのレビューにも「ノベルティでもらって書きやすかったから探して買いました」みたいなコメントも見られた。

グロッソのゲルインキはなかなかオススメなペン

ボールサインノックと同じリフィルでスラスラなゲルインキを太い軸でより軽やかに書き心地も良い「グロッソ ゲルインキボールペン」。この軸とインキの組み合わせはクセになるというか、たくさん書く場合にはスラスラと書けて疲れにくいので非常に優秀なペンであります。

同じ軸の油性ボールペンとシャープペンシルは使ったことがないので何とも言えないけれど、学生さんとかシャープペンシルの方がって場合にもこの軸であれば使いやすいはず。

ブラック軸

ブルー軸

オレンジ軸

ボールサイン0.5mm10色セット

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice