electric

白い外観で軽量コンパクトな装着感がとても良い完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」ホワイト

Beats Studio Buds

Apple傘下のBeats by Dr. Dreの新しい完全ワイヤレスイヤホンである「Beats Studio Buds」。発売日の決まった2021年8月10日にAmazonで白い外観好きとしてホワイトをポチってたのが届いて多少使ってみたので、ファーストインプレッション的な「こんな感じ」ってのを書いて行きましょう。

パッケージ

Beats Studio Buds パッケージ

マットブラックな箱に白いBeats Studio Budsのイヤホン部分がよく映える。箱のアップで大きく見えますがとても小さい。

内容物

Beats Studio Buds 内容物

開封して取り出すと、本体が固定されているものと、ケーブルやイヤーチップが固定されたものの2つが出てくる。

本体が付いてるのは硬いコースターのような厚紙になってて、ホント本体を固定する為だけに作られている感じ。

ケーブルとイヤーチップ側は後ろの四角い部分に説明書やステッカー入っている。ケーブルは両サイド共にUSB-Cとなってて、Androidでも使えるってことを意識しててライトニングではないところが良い。

Beats Studio Buds ケーブル&イヤーパッド

イヤーチップ部分を開くとSサイズとLサイスが入っている。本体にMサイズが装着されていて、3種類から耳のカタチやサイズに応じて選択出来る。ちなみにSサイズで使ってます。

充電ケース

Beats Studio Buds 充電ケース

マットなホワイトでたいへん好み。汚れやすそうではあるけれど、やっぱり白い外観はよろしいです。

ケースを開くと

Beats Studio Buds ケースを開いたところ

こんな感じでイヤホンが収納されております。beatsの「b」をモチーフにしたロゴがプリントされているのがこの角度から見ると数字の「9」みたいだし逆から見ると「6」みたいでもある。

イヤホン部分

Beats Studio Buds イヤホン部分

イヤホンは5gと、とても軽い。Beats Studio Budsを購入しようと思った大きな理由のひとつにこの軽さと耳から飛び出る部分の小ささがある。

AirPodsはうどんと呼ばれる程度に長い麺が垂れている感じだったし、AirPods Proはちょいとゴツいのが遠慮ポイントだったので、Beats Studio Budsのこのコンパクトさがとても気に入っている。

Beats Studio Buds イヤホン部分 2

反対側から見るとそこまで小さくもないんだが、しっかりと耳にフィットするように考えられた形状になっているし、実際に装着すると馴染んで他の完全ワイヤレスイヤホンに比べても違和感を感じにくい。

設定・使い方

ここまで外観中心でしたが、使い方について。iPhoneであればほぼ何も考えることなく、充電ケースのフタを開ければ認識してくれるんだが、細かい使用方法がAppleのサイトにあるのでリンクを貼っておきます。Android端末でのペアリング方法も書いてあるので、iPhoneでも他のスマホでも下記のページを一読しておくと参考になります。

使い心地・音質

さて、肝心の音について。

まだ数時間しか使ってないので細かくは説明出来ないけれど、ドンシャリみたいな派手な感じではなくフラットでキレイに鳴ってくれております。高級機種と比べれば解像度が高いとは言えないものの価格からすると十分に良い音といえるかな。

アクティブノイズキャンセリングは必要十分な効き。BOSEやソニー、AirPods Proのような装着すると静寂が広がる!までの効きではないのが逆に有難いというか、カナル型のイヤホンの装着時の身体音を上手く防いでくれてる感じがとても良く、それでいて適度に外部音が遮蔽されている感じが強力なノイキャン機構が売りのイヤホンよりも好感が持てる。

外部音取込機能も自然な感じというより機械的な感じの方が正直強いんだが、これも必要十分で気になってしょうがないとか、困るなんてことは全く無い。

空間オーディオについてはApple Musicのみだし、現在契約していないので試せてないので、またの機会にチャレンジしてみようと思っております。

満足度高い

Beats Studio Budsのホワイトを購入し実際に使用して数時間での感想として、よく出来たイヤホンで軽量コンパクトなので連続装着していても疲れにくいってのが大変気に入っております。

iPhoneとのシームレスな接続はもちろん、Android端末との接続もアプリを使えば同様にシームレスに接続出来るというのもあって、スマホで音を聴く機会の多い人にはかなりオススメ出来る完全ワイヤレスイヤホン。

音にこだわっているって場合には選択肢には入らないかも知れないけれど、ノイキャンと空間オーディオ対応で17,800円という価格でそれなりに良い音で聴けるというのはかなりリーズナブルだし、何よりも装着感の良さが光るイヤホン。

ホワイト

ブラック

レッド


BEATS STUDIO BUDS
ノイキャン&空間オーディオ対応で17,800円な完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」

アップル傘下のBeats by Dr. Dreからアクティブノイズキャンセリング(ANC)と空間オーディオに対応した完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」を2021年夏発売予定っ ...

続きを見る

-electric
-, ,

© 2022 sutero choice