stationery

サクッと書くならコレ!シャンパンゴールドな外観で滑らかな水性ボールペン「uni-ball DELUXE」

uni-ball DELUXE

以前、ビル・ゲイツ愛用のボールペンとしてとても気になるってエントリしてた三菱鉛筆の海外向けな水性ボールペンである「uni-ball DELUXE」fine(0.7mm)をご紹介。

ビル・ゲイツが手に持っているボールペンuni-ball Deluxe
ビル・ゲイツ愛用の水性ボールペンuni-ballの「Deluxe」

Netflixで観てるのはほとんどがドキュメンタリーだったりするのだが、そんな中2019年9月20日から配信開始された『天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する』が面白そうってことで観てたら冒頭の10分 ...

続きを見る

気になりつつも海外向けということでなかなか購入に至っていなかったんではあるが、ようやく海外から取り寄せました。とはいっても半年近く前なのだけれども。

圧倒的にお気に入りな外観

書き味云々の前にこのシャンパンゴールドな外観。カジュアルでスッキリした印象のこのペン、素材もプラスチックで高級な感じでは全くないのだけれど、そこが素晴らしく良いというか気に入っている。気軽に扱えるキレイな外観のペンとして最高である。

プロテックとの差

uni-ball DELUXE & PROTECH

国内で販売もされている外観的には全く同じでボール径が0.5mmでチャコールグレーな軸のプロテックと並べてみると、軸への文字のプリントのバランスの違いがかなり気になる。DELUXEはシンプルに文字だけなんだけれど、プロテックは文字のすぐ下にバーコードがプリントしてあって、とてもゴチャゴチャした印象を受けるのがちょいと残念。

DELUXEにもバーコードがプリントされているんだが、位置が文字の真裏になっているので、視界に入るのが片方だけになっている。たったこれだけの違いでスッキリ見えるんだし、同じ製品の名前違いなだけなのだからこのあたりはスッキリな方に統一して欲しいかな。

海外向けのDELUXEの0.5mmはプロテックと同じくチャコールグレーでバーコードの位置も文字の真裏になっているのにね。

ユニボール プロテック
シンプルな佇まいで滑らかな水性ボールペン、ユニボール「プロテック」

昔ながらな細身のキャップ式でありつつ、ガンメタルな軸は落ち着いて見えて書き味も良いという三菱鉛筆の水性ボールペン「プロテック」をご紹介。 黒・赤・青の3色のラインナップだけどキャップの頭でしか色の区別 ...

続きを見る

ペン先

uni-ball DELUXE ペン先

キャップを開くと真っ黒なグリップとインク色に合わせたペン先が現れる。この時のチープ&シャンパンゴールドがまた何とも好きなんである。

ホント、国内でも通常ラインナップとして普通に売って欲しいペンNo.1である。

書いてみると

uni-ball DELUXE 書いてみた

DELUXEの3色と一緒にプロテックも書いてみている。

ゲルではなく普通の水性ボールペンではあるが速乾性もあり、滲みを気にすること無くスラスラと滑らかに書ける。

DELUXEとプロテックの違いというよりも0.7mmと0.5mmというボール径の違いによって書き味が大きく違う。もちろん、プロテックの0.5mmも滑らかに書けるけれど、DELUXEの0.7mmはよりスムーズでインクの濃淡も出るので書いた後に読み返すのも楽しい。

そして、やはり三菱鉛筆の水性ボールペン全般に言えることだけれど、青か鮮やかでキレイ。この青の感じはボールペン全般においても特に好きな色具合で、だからこそ使いたくなるペン。

とはいえ、DELUXEを使うなら黒のインクで書きたいと思ってしまうのも事実。インクの色というよりも、外観的にシャンパンゴールドと黒というシンプルさがより際立っているのがこのペンに似合っていると感じてDELUXEを使う時には黒を手にとってしまうことが多い。

書き味と外観的に充分に箱買いで海外から取り寄せて使う価値のあるペンである。

絵になるペン

ビル・ゲイツ以外にも好きなミュージシャンであるI Am Robot And ProudのインスタにもこのDELUXEが度々登場していて、メカ系の楽器とリーガルパッドとこのペンが並んでいる風景はとても馴染んていてイイ感じ。

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice