stationery

シンプルな佇まいで滑らかな水性ボールペン、ユニボール「プロテック」

ユニボール プロテック

昔ながらな細身のキャプ式でありつつ、ガンメタルな軸は落ち着いて見えて書き味も良いという三菱鉛筆の水性ボールペン「プロテック」をご紹介。

黒・赤・青の3色のラインナップだけどキャップの頭でしか色の区別がつかないとか、透明な部分が無いのでインクの残量が分からない、といった不平不満を持つ方にはオススメ出来るものではないけれど、そういったことじゃないシンプルな軸で書きやすいってのが一番なんだ!という方には激しくオススメ出来るペンである。

ペン先

ユニボールプロテック ペン先

キャップを開けて文字を書く時にはこうしてペン先できちんと何色なのか分かるのもユニボールの水性ボールペンの昔からあるペンの特徴。

書く時に開けたキャップをお尻側に付けると長さも出来て書きやすくなるけれど、キャップを付けなくても程よいサイズ感で心地良く書けるのもまたこのプロテックのいいところ。

書いてみると

ユニボールプロテックで書いてみた

ユニボール、三菱鉛筆の水性ボールペンの色というか水性顔料な発色が良くてしっかりと書けるのと同時に耐水性や速乾性も高いので左利きの方でも安心してサッと書くのにも向いている。

紙へのペン先の当たりも水性ボールペン界の雄であるパイロットのVコーンよりも優しいというかカリカリしてないので同じ0.5mmでも滑らかさはプロテックの方が上である。インクフローはVコーンの方が良いがカリカリしないってのは書き味をとても左右するんだなと実感出来る。

3色の中でも青がね、この鮮やかな青が白い紙や黄色い紙にとっても映えるから好きなんである。

すでに廃盤、でもまだ買える

このプロテック、すでに三菱鉛筆のサイト上でのラインナップからは無くなっていて廃盤扱い。水性ボールペンの日本での廃れ具合は悲しいのぉ~。

ハンズやロフトといった全国展開している文具コーナーではほぼ置かれてないけれど、街の文具店みたいなところではまだ置いてあるの見かけるし、ネットではAmazonをはじめ結構な文具系オンライン販売のショップでは扱っている。

そして、欧米ではまだまだメジャーな水性ボールペンなので、いざとなれば海外からの並行輸入も出来る。以前紹介したビル・ゲイツ愛用の水性ボールペンがこのプロテックの0.7mm版であるDeluxeだし、0.5mmも普通にラインナップされているので。

同じ三菱鉛筆で現行品であればこちらも以前紹介したユニボール・アイがある。

プロテック黒10本

プロテック赤10本

プロテック青10本

ビル・ゲイツ愛用のDeluxe

ビル・ゲイツ愛用の水性ボールペンuni-ballの「Deluxe」

Netflixで観てるのはほとんどがドキュメンタリーだったりするのだが、そんな中2019年9月20日から配信開始された『天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する』が面白そうってことで観てたら冒頭の10分 ...

続きを見る

ユニボール・アイのレビュー

ユニボール・アイ
Vコーンとはまた違うキレイな青で書きやすい水性ボールペンuni-ball eye(ユニボール・アイ)

直液式水性ボールペンの大定番であるVコーンの影に隠れてはいるものの使ってみると実はVコーンよりも優れているんじゃないか!?と思わせてくれるユニボール・アイのご紹介。 三菱鉛筆 水性ボールペン ユニボー ...

続きを見る

パイロット・Vコーンのレビュー

書籍「ゼロ秒思考」でも注目される水性ボールペンの雄、大定番のPILOT V CORN(パイロット・Vコーン)

大定番水性ボールペンであるパイロットのVコーン。 書き味云々の前に見てくれを。昔は正直「何だこのダサいペン」と思っておりましたw。でもねー、最近はペン先以外はプラスティックでチープな感じが何ともカッコ ...

続きを見る

-stationery
-,

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.