stationery

スリムでペンタイプな握りやすいプラスの修正テープ「ホワイパーPL」

修正テープ「ホワイパーPL」ブルー

プラスから、筆記具に相当する超スリムな形状でペンのように握ることができ、持ち運びや保管にも便利な修正テープ「ホワイパーPL」を2022年9月26日に発売するということでご紹介。

「ホワイパーPL」の"PL"は、"ペンライク"の略称。プラスが従来「ホワイパー」シリーズで培ってきたコンパクト・ペン型タイプの設計ノウハウをさらに進化させることで、これまでにない筆記具と同水準の"細さ"のスリムな形に仕上げました。

安定したグリップ感のある形状に加え、使い始めから終わりまでテープを引く力を適正な荷重に制御する独自機構"ファインキーパー"を採用。さらに紙面への密着性を高める"クッションヘッド機構"、紙面との段差が少なく、きれいに上書きできる"薄さらテープ"を搭載し、これら独自技術の融合で、快適な使い心地を追求しました。

本体カラーは、人気のくすみ系パステルカラーを採用。SODA(ブルー)、PEACH(ピンク)、BUTTER CREAM(アイボリー)の3色です。

テープ幅5mm、テープ長6mの使い切りタイプで、メーカー希望小売価格は253円(税込)です。

主な特長

修正テープ「ホワイパーPL」主な特長

スリムなペン型形状<NEW>

先端が細く修正位置を狙いやすいスリムな形状と、安定したグリップ感により、まるでペンのような使用感で文字を修正できます。ペンケースでの持ち運びや、ペン立てでの保管に便利です。

いつでも快適な引き心地をサポートする"ファインキーパー"

軽い引き心地を保ちながらテープを紙面に密着させ、転写荷重を最初から最後まで最適にキープする独自機構"ファインキーパー"。

使い始めはテープが浮き上がらない荷重にとどめ、使い終わりが近づくにつれて引き心地が重くなるのを制御して、テープが浮いたり途切れたりするトラブルを軽減します。

紙への密着度を上げる"クッションヘッド機構"

大きくしなって手振れを抑えるとともに、本体の傾きも補正する"クッションヘッド機構"。紙面への密着度を高めることで、修正テープが不慣れな人でも、しっかりテープが引けて使いやすくしました。

さらさらときれいに上書きできる"薄さらテープ"

2017年よりプラスのホワイパーシリーズで採用を始めた"薄さらテープ"は、白色層の厚みを当時の当社従来品に比べて11%薄くしました。これにより紙面とテープの段差が減り、上書きするときもペン先でテープを削りにくく、きれいに再筆記できるテープを搭載しています。

スイーツのようなネーミングのくすみ系パステルカラー<NEW>

本体カラーはスイーツのようなネーミングのSODA(ブルー)、PEACH (ピンク)、BUTTER CREAM(アイボリー) のくすみカラー3色。他の文具とカラーを統一して楽しめます。

商品仕様

修正テープ「ホワイパーPL」 くすみ系パステルカラー

カラー&パッケージ

商品名 修正テープ「ホワイパーPL」
品番 WH-1905
テープ方式 テープ使い切り
テープ幅 5mm
テープ長 6m
サイズ W:115mm
D:16mm
H:24mm
本体カラー ブルー、ピンク、アイボリー
材質 PS(ポリスチレン)、PP(ポリプロピレン)
発売日 2022年9月26日
価格 253円(税抜230円)

ペン感覚で楽に修正できる

プラスのペンライクな細身の修正テープ「ホワイパーPL」。

元々、ホワイパーシリーズには細身の商品がいくつかあったものの、そのどれよりも細く筆記具のように握って簡単に使えるのがポイント。

細くなったことでペン立てやペンケース内でもかさばることなく収納や持ち運びも便利になっている。

他にもサスペンション的なクッションヘッド機構も紙への密着って部分でも便利だし、筆圧高めでも引きやすくなってそうなんで一度使ってみたいかな。

-stationery
-,

© 2022 sutero choice