stationery

次世代フリクションは消せるボールペンとして最高の使い心地「フリクションボールノックゾーン」ディープレッド

2022/11/20

「フリクションボールノックゾーン」ディープレッド

フリクション3.0として発表されてた次世代な消せるボールペン「フリクションボールノックゾーン」の木製グリップなタイプのディープレッドを購入したのでご紹介。

もうね、先に結論をいうと、めちゃくちゃイイ!最高!

3つの価格帯に軸の色やグリップとボール径の違いで14種類ある中、外観的に一番気に入ったのがこの木製の赤いグリップを搭載した2,200円のディープレッド。

マットブラックな軸を基調とした程良い高級感と赤い木目の柔らかい親しみやすさがとても良い。

パッケージ

「フリクションボールノックゾーン」ディープレッド

このディープレッドの木目グリップな2,200円のタイプとマーブルな樹脂グリップの3,300円タイプはこんな感じの紙製のパッケージに入って立てて陳列されている。

ちなみに一番安いラバーグリップな550円のタイプにはパッケージは無く、そのままの状態で売られております。

クリップ~イレーザー

「フリクションボールノックゾーン」ディープレッド クリップ~イレーザー

統一感のあるイレーザー

消すためのイレーザーもマットブラック仕上げになっていて、これまでのフリクションシリーズのような半透明だったりフリクションポイントノック04みたいなインキ色に寄せつつちょいと薄い感じに比べて高級感の演出にかなり貢献している。

静かなスライドノッククリップ

スライドノック式なシルバーのクリップには内部パーツにバネを追加してノック時の衝撃を和らげた静かなノック音が特長で、実際にノックするとなかなか静か。

それ以上に、追加されたバネの効果か筆記時にクリップがカチャカチャ鳴らなくなってるのがストレスフリーで素晴らしい。

ペン先~グリップ

「フリクションボールノックゾーン」ディープレッド ペン先~グリップ

しっかり持てる安定の木目グリップ

最初にも書いたように、赤い木目グリップの見た目がとても好き。握った感じも木の温もりとまでは言わないけれど、何とも言えない絶妙なしっとり感が筆記時の安定感にも繋がりしっかり持って書ける。

その木製グリップもあって重量の中心点がグリップ上のシルバーリングな切り返し部分に来る低重心設計になってて、22gと軽量なペン好きとしてはちょいと重めであるにも関わらず疲れにくくガンガン書き進められる納得のバランス。

ガタつきのないペン先

ペン先のシルバーなコーンの内側に新開発のチップホルダーを搭載しガタつきを抑えたチップホールドシステムがホント良く出来てて、筆記時に全くガタつきが無くてビックリ。

元からペン先が固定されたキャップ式やブレが少ない回転繰り出し式のペンと比較しても体感的にはそれらを上回るガタつきの無さでこれは凄い。

青ペン好きとして青インキも購入

フリクションボールレフィルver.2 0.5mmブルー

「フリクションボールノックゾーン」は14種類あっても最初に搭載されてるインキ色は全て黒なので、青ペン好きとして一緒にボール径0.5mmの青の替芯も購入。

太めのボール径好きとしては替芯のラインナップに0.7mmもあるので、そちらでもよい気もしたんだが、最初に搭載されている黒インキが0.5mmだったのでそれに合わせるべく今回は0.5mmを選択してみた。

フリクションボールレフィルver.2と銘打った新しいリフィルは容量70%アップでインキの濃さも黒が30%、青と赤が15%アップしている。

容量アップしてるのに2本セットしかないのがちょいと残念かな。1本ごとにバラで買いたい。

書いてみると

「フリクションボールノックゾーン」ディープレッドで書いてみた

標準搭載の0.5mmな黒インキ、一緒に購入した同じく0.5mmな青インキを一緒に書いてみた。

濃淡が楽しめる黒

インキの濃さも30%アップしてる黒は確かに従来のフリクションシリーズと比べるとかなり濃くなってはいるものの、普通のゲルインキボールペン、同じパイロットで言えばジュースアップなんかと比べるとまだまだ薄い。

それでも視認性も良く、メインの黒ペンとしても十分に使えるし、視点を変えれば濃淡がよく分かって味のある筆跡を楽しめるとも言える。

メインで使えるキレイな青

替芯で購入した濃さ15%アップな青インキ、これはメインで使えるキレイな青。

ジュースアップと比べても遜色のない、こういう色で書きたい!って思わせてくれる鮮やかな青で、正直これには驚いた。

他社含め、ゲルインキボールペンの青としてもとても良い青で、このペンでノートを書き尽くしたくなるくらいに気に入ってます。

控えめに言って最高

外観に低重心で赤い木目なグリップの握った感じがしっくり来る安定感、カチャカチャ鳴らないクリップや全くガタつきの無いペン先からの心地良い書き味、筆記具として素晴らしい出来となってる「フリクションボールノックゾーン」のディープレッド。

青ペン好きとして替芯の青に入れ替えたらもうこれはメインのペンです。最高です。

フリクションボールノックゾーン
より濃く長持ちな消せるボールペンのフリクションの進化版「フリクションボールノックゾーン」

パイロットから、消せる筆記具「フリクション」シリーズの新製品として、従来品と比べ、濃い筆跡でより長く書ける新インキ採用の消せるボールペン『フリクションボールノックゾーン』3アイテム(価格:550円(税 ...

続きを見る

FRIXION 3.0
消せるボールペンのフリクションの進化版が出るみたい「FRIXION 3.0」

パイロットのもはや定番な消せるボールペンであるフリクションがヴァージョン3.0に進化して2022年11月に出るってティザーがあったのでご紹介。 正式に発表されました!詳しくは以下のエントリで↓ それま ...

続きを見る

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice