electric

パッと見て新しいって分からないけど新しいソニーのコンデジ「RX100 VII」

投稿日:

SONY RX100 VII

初代RX100を中古で買って今も愛用中ですが、第7世代に当たる「RX100 VII」が発表されております。

販売開始は2019年8月30日。

新機能等の詳細は以下ニュース系サイトに載っておりますのでそちらを参照頂くとして、個人的にRX100の良さでも書きますかね。

変わらない外観という良さ

SONY RX100

これ、持ってる初代のRX100。7世代に渡って基本的な外観が変わらないってのがイイ。このRX100のシリーズは新型出る度に新機能が盛り込まれて、初代から7代目では圧倒的に進化しているけれど、普通なら肥大化しそうなものをこのサイズに収めようって部分で変わらない外観の凄さというのを感じられる。

用途によって中古を買うのもアリ

今回の新機種で全部で7種類のRX100が存在することになるが、自分の用途によって古い機種を中古で買ったっていいんである。

もちろん、最新の「RX100 VII」が一番イイに決まっているんだが、簡単にちょいと写真撮りたいってのなら初代でもまだまだ充分キレイに撮れるし、動画も4Kでサクッとねってのも「RX100 V」以降であれば必要十分だったりする。

今や絶滅しそうなコンデジの中にあってRX100シリーズは中古市場にもそれなりに出回っているから自分の用途と価格のバランスで決めるってので全然アリだと思う。

初代でも最新でもRX100

機能・性能の差はあれど外観的にはRX100って認識になるから、初代使ってようと最新だろうと見た目的にはRX100には変わりない。

新しもの好きでいつでも最新使ってるって方にとっては物足りない部分かも知れないが、他の製品がコロコロ変わりすぎてるってこと。

最新型が生きるのは動画撮影

「RX100 VII」はソニーのデジカメのフラッグシップな「α9」と同じエンジンを積んでてフォーカスの速さに象徴されるスピードが売りなのだけれど、一番のポイントはこれまでの6世代にはないマイク端子を搭載したってことではないかと。

コンデジとして4Kも撮れて画質オッケー!って機種は他メーカーにもあるし何だったらスマホでもいけるけれど、今回の「RX100 VII」はマイク端子を搭載したことによって外部マイクを接続してイイ音でも撮れるというのが一番のストロングポイント。

画と音にこだわって動画撮りたいけど、コンパクトにしたいという方にはジャストなカメラになっている。

RX100シリーズにはリチャード・フラニエックのグリップよ

RX100 リチャード・フラニエックグリップ

RX100シリーズ持ちの方or購入予定な方には是非リチャード・フラニエックなグリップを装着して欲しい。

アルミ削り出しなこのグリップは使い込むほど手に馴染んでとてもしっくり来るので。まだ「RX100 VII」用は出てないけれど、多分出るはず。

RX100 リチャード・フラニエックグリップ
RX100のグリップを純正からリチャード・フラニエックのカスタムグリップに交換

春に中古で購入してから持ち歩いているもののあまり活躍してないデジカメのRX100。 実は購入してすぐに完成度が高いと評判のリチャード・フラニエック(Richard Franiec)カスタムグリップも個 ...

続きを見る

-electric
-

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.