stationery

日本の伝統的な七宝柄デザインなエマルジョンインクのデスクペン「フロス 輪 -Rin-」

2019/12/20

ゼブラ デスクペン「フロス 輪 -Rin-」

ゼブラから日本の伝統的な七宝柄を取り入れたデスクペン『フロス 輪-Rin-』が2020年1月27日より発売開始ということでご紹介。

紹介文より

『フロス 輪-Rin-』は、日本の伝統的な七宝柄をデザインした台座に、木製グリップのボールペンをセットして使うことができるデスクペンです。高級感のあるおもてなし空間にそっと馴染み、旅館、ホテルのフロントや飲食店などの店舗のレジにも省スペースで設置できる実用性も兼ね備えています。
訪日外国人数は2018年に3,119万人の過去最高数を記録し、2030年には6,000万人を目標にされています(※1)。2020年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピック開催により、日本や和をテーマにした施設や雑貨の需要が更に高まることが予想されます。『フロス 輪-Rin-』は、和モダンな空間やライフスタイルに彩りを添え、人と人をつなぐ輪となり、巡り合わせの瞬間に寄り添う商品です。

フロス 輪-Rin-の特長

  1. 旅館やホテルのフロントや客室、店舗のレジ、オフィスの受付に省スペースで設置でき、キャップがないためすぐに手に取って書くことができます。
  2. 台座には日本の伝統的な七宝柄を立体的に配置し、和モダンで高品位なデザインにしています。七宝柄は円形が連鎖し繋がる形の中に、円満、調和、ご縁、繁栄といった願いが込められた華やかで縁起の良い柄と言われています。また、特殊成型技術(フリーブレンドインジェクション)は、この複雑な成型を可能にし、さらに重厚感にもこだわりました。
  3. ボールペン本体の木製グリップは、手に取った際にぬくもりを感じさせます。

特殊成型技術(フリーブレンドインジェクション)

プラスチックに金属を混ぜ込んで成形する珍しい高度な技術です。複雑な成型が可能なプラスチックの特性と、金属ならではの重量感や表面の質感を両立することができます。『フロス 輪-Rin-』は七宝柄を立体的に表現し、かつペンの台座としての安定感や情緒のある質感を出すためにこの技術を採用しました。金属は台座の色ごとに、真鍮(金)、銅(赤)、鉄(黒)をそれぞれ使用しています。

個人的な注目ポイント

ゼブラのデスクペンには既発の今風なデザインの「フロス」ってRin-輪-が付かない普通の油性ボールペンのシリーズもあるのだけれど、今回の『フロス 輪 -Rin-』はその和風なデザインや木製ってこと以上にエマルジョンインクが採用されているという部分に注目したい。

こういうデスクペンを使う状況は差し出されるペンを使うしかなく、たいていは普通の油性ボールペンだったりするのでまあしっかり書ければそれで良いのではあるけれどエマルジョンなボールペンになることによってどんな筆圧でもスラスラとストレス無く書けるというのは結構重要じゃないか、と。

で、このペンに使われているエマルジョンインクはゼブラのスラリと同じ替芯。もっというとインク自体はブレないで大ヒットしたブレンと同じ。その辺りをもっとアピールしてもいいのではないかと思う。

商品概要

品名 『フロス 輪-Rin-』
軸色 金、赤、黒 全3種
ペン種 エマルジョンボールペン
ボール径 0.7mm
替芯 従来品EQ-0.7mmをお使いいただけます
サイズ ボールペン:軸径10.2mm 長さ 164mm
台座:直径 54mm 高さ 26mm
商品名の由来 輪-Rin-は人と人をつなぐ輪となり、巡り合わせの瞬間に寄り添うことに由来しています
税抜価格 1,600円

-stationery
-,

© 2023 sutero choice