electric

コンパクトでシンプルで程良くカラフルなキーボード「Vortexgear Tab60」

いつもゲーミングなメカニカルスイッチでキラキラ光るLED搭載なある種「モロ」なキーボードばかり紹介しておりましたが、実際に自分で使うなら、デスクの上にあったらイイ感じだろうなと思うキーボードを今回は新製品ではないけれどご紹介。

コンパクトなキーボードで有名な台湾のメーカーVortexgearの「Tab60」。

黒い土台に白とグレーのキートップと購入時はシンプルで地味な通常のキー配列の60%のキー数のBluetoothでワイヤレスでも有線でも使えるキーボードなんであるが、サイドキー系に赤・青・緑のキーキャップが付属していて取り替えると最初の動画のサムネイルにある通りに丁度良いカラフルさでとてもイイ感じになるんである。

キースイッチはメカニカルで青軸、赤軸、茶軸、静音赤軸、クリア軸、スピードシルバー軸とスイッチでは定番であるCherry MXのものを選べるので、普通のキーボードとしてもゲーミング用途としても打鍵感やストロークにスピードという面においても遜色なく使用出来るのも良い。

実用面を考えると75%キーボードも捨てがたい

見た目的なコンパクトさとバランスという面で60%キーボードな「Vortexgear Tab60」がとても気になるし欲しかったりもするが、実際の実用面で言うと矢印キーだったりもうちょいキーが欲しいと思えるので、そうなると同じくVortexgearの「Tab75」という75%キーボードも候補に上がる。

こちらもCherry MXのキースイッチが選べて、サイドキーもカラフルなキートップ付属で交換可能となっている。

「Tab75」のポイントは60には無い矢印キーのキートップを黄色に交換出来るので、こっちのほうが見た目的にカラフルになるってところかな。

スイッチの軸は選べるけれど、今回は赤軸愛用者なんで赤軸を載せてます。Amazonのそれぞれのキーボードのページでさっき書いた青軸、赤軸、茶軸、静音赤軸、クリア軸、スピードシルバー軸のどれでも選べます。

いずれ買ってみようと思う。

-electric
-

© 2022 sutero choice