stationery

しっかりグリップなサラサのUSA向けモデル「ゼブラ サラサ SE」

ゼブラ サラサ SE 0.7mm ブラック

ペンの整理をしてたら「こんなの持ってたんだー!?」って感じで出てきたゼブラの大定番ジェルボールペンなサラサシリーズのUSA向けモデルである「サラサ SE」の0.7mmブラックをご紹介。

一時日本でも売られてた

記憶を辿ってみると確か10年近く前に購入した覚えがある。その当時、並行輸入とかではなくて普通にサラサのラインナップの1つとして売ってた。メーカーは違うけれど数年前まで売ってたぺんてるのエナージェルトラディオみたいに逆輸入で登場みたいな感じで。

ボール径は0.5mmと0.7mm、カラーが黒・赤・青で。

とっくに廃盤

日本での販売期間もそんなに長くなくてすぐに販売終了ってなって数年前までは在庫をストックしてた店舗では売っていたみたいだけれど、今ではほぼどこにも無い。アメリカでもラインナップから消えていて、Amazon.comの方では一応売ってるものもあるがが日本への配送は出来ないところばかり。

まあ中身は普通にサラサと共通の替芯だし、サラサクリップで十分だからだろうね。

ペン先とグリップ

ゼブラ サラサ SE ペン先

「サラサ SE」の特徴というか圧倒的な個性はこのツブツブなグリップ。サラサシリーズに限らず、ラバーグリップなペンの中で滑りにくさはナンバーワン!ホントに全くと言っていいほど滑らない

ごく少数ではあるけれど、この滑らないグリップに魅せられた人もいた程のガッチリ掴めるグリップは特に軽く持ちつつしっかりと筆記したい方にはうってつけだと思う。

逆に筆圧高めで強く握る自分のような人間には指が痛くなってしまう。だから使わずにペン立ての奥で眠っていたんだろう。

書いてみると

ゼブラ サラサ SE 0.7mm ブラックで書いてみた

書けばまったくもってサラサです。滑らないグリップだけに筆圧高めがより強調されております。

日本でもすぐ販売終了でアメリカでも廃盤ってことはグリップどうこうよりも軸のデザイン的な部分であまり売れなかったというか時代の流れ的に終了したのではって気もするけれど、この強烈なグリップ感を体感することが出来て良かったと感じるペンであります。

-stationery
-,

© 2022 sutero choice