stationery

灰色の紙で白でも黒でも書けるコクヨデザインアワードからの商品化「白と黒で書くノート」

白と黒で書くノート

コクヨから、コクヨデザインアワード2018優秀賞受賞作品「白と黒で書くノート」を商品化し、2020年6月25日(木)から東京・千駄ヶ谷のショップ&カフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」、コクヨ公式オンラインショップ「コクヨショーケース」にて販売開始ということでご紹介。

2018年のコクヨデザインアワードでは、仕事と生活の境界が曖昧になる、コミュニケーションのフラット化が進むなど、今まで当たり前に存在していた境界のあり方が変化している現状をふまえて『BEYOND BOUNDARIES』(境界を越える)というテーマを掲げ、「働く、学ぶ、暮らすシーンで用いる文具・家具・道具全般」を募集しました。「白と黒で書くノート」は視覚が持つ境界を利用したノートがもたらす新しい使い心地を提案したことで高い評価を受けました。

商品特長

白と黒で書くノート 表紙

灰色の紙に黒と白の文字を書く、ノートとその書き方の提案です。紙の色に対して暗い色の文字と明るい色の文字は同時に読みにくいという視覚が持つ性質を利用することで、大切な部分を際立たせたり、周辺情報を十分に記せたり、光と影を描けたり、ノートの新しい使い心地が生まれます。

白と黒で書くノート 見開き

PC画面等を意識した見開き時16:10の特殊サイズ。フラットに開くことができる製本法を採用し、アイデアをまとめたり発散するのにも便利。

白と黒で書くノート 書き込み例01

黒と白の文字の使い分けで視認性の良い、シンプルかつ鮮明なノートに。

白と黒で書くノート 書き込み例02

光と影を色で直感的に表現できるため、立体物を描くのにも最適。

良い色のノートでも高いな

何とも言えない感じの良いグレーな紙で黒でも白でも書き込めるという「白と黒で書くノート」。サイズも16:10と特殊だし、何かと特別感のある仕上がり。これに輪をかけるのが価格で50枚の100ページで900円ですよ。やっぱりちょいと高いかな。

でも1冊くらいは持っておいてもいいかなーって感じの色具合重視なノート。

白と黒で書くノート 概要

品名 :白と黒で書くノート
品番 :TTDA-KN03
サイズ:H210 x W168mm
材質 :中紙 / 上質紙
中紙仕様:5mm 方眼罫, 50 枚
価格 :900 円(税抜)

-stationery
-,

© 2020 sutero choice