stationery

スコッチのゾウさんなテープディスペンサーが欲しい

scotch-desktop-elephant-dispenser

普段、セロハンテープ的な貼って留めるという状況では20年以上メンディングテープを使っておりまして、テープディスペンサーも普通のセロハンテープ用ではなくメンディングテープ用の小さいタイプを愛用しております。

で、前から気になっていたこのゾウさん型なメンディングテープ用のテープディスペンサー、日本のAmazonでもそれなりにお求めやすくなって来てるということが最近判明してちょいと欲しい、ということでご紹介。

スリーエム(3M)
¥1,700 (2020/11/27 20:03:40時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに現在使っているのは同じくスコッチの真っ黒でシンプルなタイプのやつ。

Scotch
¥3,128 (2020/11/27 20:20:28時点 Amazon調べ-詳細)

↑これと同系統で古い型になるのかな。

テープディスペンサーって落としたりして大破しない限りは買い換えようなんて考えもしないアイテムだとも思うし、今の黒のやつも一番シンプルで飽きのこないカタチってことで選んだってのもあって、なんの不満も無かったりもするから買い替える気になかなかならないけれど、ゾウさん型はやっぱりちょっと欲しい。

メンディングテープのススメ

ゾウさん型のテープディスペンサー気になる場合もそうでない場合にも、普段はセロハンテープ使ってますって人にメンディングテープを貼って留めるの普段使いにするといいよってのをオススメしたい。

一番の違いはご存知の通りセロハンテープの透明に比べてメンディングテープは白い半透明で貼ると目立たなくなるってのと、メンディングテープ自体に鉛筆やペンで文字が書けるって点。これがなかなか便利なのよね。

最近は装飾の為のマスキングテープも流行ってて、ノートなんかの装飾にも整理にもマスキングテープで切ったり貼ったりの方が良さそうではあるけれど、そういう用途にもメンディングテープは目立たないけど文字書けるって点で使えます、というか使っております。

マスキングテープよりメンディングテープが勝っているのは粘着力が強いって部分かな。だから何度も貼り替えるという用途よりも決め打ち的にここに貼る!って場合には良いです。

このセットのテープディスペンサーも小さくて可愛いので最初のメンディングテープには良いかと。

-stationery
-,

© 2020 sutero choice