stationery

車を走らせるとエンピツが削れる「ハシレ!エンピツケズリ!」

ハシレ!エンピツケズリ!

プラスから車を前後に走らせることで簡単に鉛筆を削ることができる鉛筆削り「ハシレ!エンピツケズリ!」を2021年2月3日より発売ということでご紹介。

指先の力でレバーを回す従来の手回し式の鉛筆削りは、小さな子どもが操作するには重たく、負担に感じられることがありました。

「ハシレ!エンピツケズリ!」は、鉛筆を差し込み、腕、肩、体重を使って車を動かすだけで、楽しく軽く、子どもでも簡単に鉛筆を削ることができます。鉛筆を削る行為そのものに楽しさを取り入れることで、勉強のポジティブなサポートになる、これまでにない新しい鉛筆削りです。

カラーバリエーションはレッド、ブルー、イエローの全3色。メーカー希望小売価格(税抜)は3,000円。別売りの専用替刃は1個320円です。

製品特長

上から力をかけやすい"フラットトップ" & 前進でもバックでも削れる"1wayギア"

上から力をかけやすい"フラットトップ"

本体の上に手を置いて、上からしっかり力をかけて鉛筆を削ることができるフラットトップ形状を採用。子どもの手にフィットするサイズと形状で、小さな子供でも軽く感じることができます。

前進でもバックでも削れる"1wayギア"

前に走らせるだけでなく、バックさせても鉛筆が削れる1wayギアを搭載。前後に動かすことで素早く削ることができます。

削り終わりを音でお知らせする"トンガリ検知機能"

削り終わりを音でお知らせする"トンガリ検知機能"

鉛筆のトガリを検知して、削り終わると「カチッカチッ」と音がなる機能を搭載。鉛筆の削りすぎを防ぎます。

刃は長く使える交換式

刃は長く使える交換式

より長くお使いいただけるように、刃は交換可能です。替刃2個付き(1個は装着済み)。

新車発表風なPR

面白いけれどかえって面倒そうw

車の形状でタイヤが付いてて実際に前後に走らせると鉛筆を削ることが出来る「ハシレ!エンピツケズリ!」。

子供だと楽しくてしょうがなくて何度でも走らせて削りたくなるのだろうけれど、子供でなければ削るためには車を走らせるスペースが必要だし面倒だから鉛筆削りはコンパクトは鉛筆回すやつか電動がイイ!ってなるよな(笑)。

大人だと面白ガジェットとして、もしくはお子さんへのプレゼントとして買うのが良いでしょう。

製品概要

ハシレ!エンピツケズリ! 概要

製品名 ハシレ!エンピツケズリ!
外形寸法 W79×D155×H62(mm)
主材質 本体:ABS、刃:スチール、タイヤ:TPE
カラー レッド、ブルー、イエロー
本体質量 198g

-stationery
-,

© 2022 sutero choice