stationery

赤より発色も良くカジュアルに使える「ぺんてる サインペン 桃色」

ぺんてる サインペン 桃色

先日空色のサインペンを購入し、一緒に使うのにピッタリな色ってことで欲しいと思ってたぺんてるサインペンの桃色を買ってきたのでご紹介。

ぺんてる サインペン 空色
明るい青で楽しく書ける「ぺんてる サインペン 空色」

1963年の発売から現在ではすっかり定番な水性ペンとして誰もが知るぺんてるのサインペン。2013年に追加されたキレイで明るい青な空色をご紹介。 青より空色が欲しくなる サインペン的用途として付箋だった ...

続きを見る

このセットが使いやすい

ぺんてる サインペン 桃色 &空色

ちょいとメモするみたいな状況でサインペンを使うならメインなカラーを空色、差し色的なアクセントに桃色というのが明るくてとてもイイ。

サインペン2色で使うってなると大抵の場合、黒と赤だろうと思うし、この2色ならメリハリ効くしどこでも売ってるってのもあってスタンダードというか普通に使っている人も多い組み合わせだと思う。そういう定番的な2色の組み合わせがイヤだとか否定するつもりはサラサラ無いし、黒と赤の良さも分かる。

それでもメインの筆記具ではなく、たまにサクッと書き留める時のサインペンって考えた場合には、明るめな空色と桃色であれば筆跡もハッキリくっきりしつつ書いててとても楽しいんである。これ大事。

書いてみると

ぺんてる サインペン 桃色で書いてみた

桃色=ピンクというと薄くて読みにくいイメージもあるかもだけれど、サインペンの桃色はとてもハッキリした良い色。空色で書いた文字を丸で囲んだり注釈的な書き方でもハッキリと目立っていい感じ。

黒と赤でもいいけれど、たまには気分転換も兼ねていつもと違った色のペンで遊び心を発揮して楽しむのもアリ。ペンは道具ではあるけれど、書いてて楽しければもっと良いし。

-stationery
-,

© 2021 sutero choice