music

大好きなアントニオ・ロウレイロがくるりとコラボしたナイスな楽曲「Quruli - Humano (feat. Antonio Loureiro)」

Quruli - Humano (feat. Antonio Loureiro)

くるりの2021年6月2日配信開始となった南米アーティストとのコラボ楽曲2つのうち、このブログでも何度か紹介している大好きなブラジルのアントニオ・ロウレイロとの楽曲である「Humano (feat. Antonio Loureiro)」をご紹介。

この曲、元々は「Latin」という仮タイトルのついたくるりのバンド楽曲にアントニオ・ロウレイロが詞を付け歌と演奏で参加しているというスタイル。

いわゆる、くるりなバンドサウンドな雰囲気とは全く違った雰囲気で南米っぽいというかジャズっぽくもあり最近のブラジルやアルゼンチンの音を聴いている身からすると、そっち系に寄せて作ってるなーってのがよく分かるし、アントニオ・ロウレイロともピッタリ合っている。

アントニオ・ロウレイロの生み出すサウンドとも違ったアプローチでもあるのだけれど、彼のピアノと歌声やコーラスのアレンジがこの曲はロウレイロサウンドだ!って言ってしまってもオッケーなくらいにしっくり来ている。うねるベースラインも無茶苦茶カッコいい。

もう1曲のコラボ、共にアルゼンチンのバンドネオン奏者トミ・レブレロとSSWロリ・モリーナとの「grito latino (feat. Tomi Lebrero & Loli Molina)」もイイ感じなので是非。

アントニオ・ロウレイロ寄りで書いてきたけれど、くるりも昔から好きでよく聴いてきたバンドでもある。曲として一番好きなのは「Birthday」で、アルバムとしては「ワルツを踊れ Tanz Walzer」かな。あと、個人的に名盤と思ってるよく聴いた「アンテナ」もいいかな。まあほとんどの曲聴いてるバンドです。

Antonio Loureiro - SAUDADE
ゆったりなサンバのリズムにうねるベースが心地良い「Antonio Loureiro - SAUDADE」

以前も紹介したブラジルのミュージシャンである大好きアントニオ・ロウレイロの2021年1月22日リリースの新曲「SAUDADE」をご紹介。 リズムが完全にゆったりなテンポのサンバで野太くうねるベースライ ...

続きを見る

Antonio Loureiro Obed Calvaire - Back and Forth
リモートセッションから生まれた疾走感たっぷりな楽曲「Antonio Loureiro Obed Calvaire - Back and Forth」

大好きなブラジルのミュージシャンであるアントニオ・ロウレイロとジャズドラマーであるオベッド・カルヴェールの共作による楽曲「Back and Forth」。2020年8月21日リリースでサブスク系に登場 ...

続きを見る

-music
-, ,

© 2022 sutero choice