stationery

三菱鉛筆が世界で初めて紙製のボールペンリフィル(替芯)の開発に成功

ジェットストリームインク搭載紙製リフィル

※特許出願中

三菱鉛筆が、日本製紙と昭和丸筒の協力を得て、紙で構成されたインク収容管を用いたリフィルの開発に、世界で初めて成功したということでご紹介。

このたび開発した紙製リフィルは、3層の独自の開発紙と最外層のパーチメント紙にて構成したもので、全4層構造となっています。紙製リフィルの開発にあたり、使用するインクの浸透性、ガスバリア性などインクに関わる特性と、紙管の機械的性質である反発力や、巻き強度などに対してテストを重ね、構造を検討いたしました。

その結果、インクが長期間リフィル内にあってもインク漏れ、インク染み出し、巻き形状のほつれなどが発生せず、形状を維持することが可能な構造を実現しました。紙を使用することにより、従来のリフィルとの比較で、プラスチックを約88%減らしています。

なお、インクは、“クセになる、なめらかな書き味。”というキャッチフレーズで大変ご好評をいただいている、なめらか油性ボールペンのインク「ジェットストリームインク」を搭載しています。さらに、インク量はジェットストリーム スタンダード(SXN-150系)リフィルの約1.6倍となっており、従来品に比べて長い期間使うことができます。

近年、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、企業の環境問題への配慮や対応が求められています。また、海洋汚染の主要因としてのマイクロプラスチックの問題など、使い捨てプラスチックを巡る議論が国際的に高まっており、海外では使い捨てプラスチックを規制する動きが強まっています。

当社は、筆記具の地球環境負荷を低減した取り組みを日々模索しており、今回の紙製リフィルは、プラスチック排出量を削減する可能性を持つ選択肢の1つとしての提案となります。

残量が分からないのが何とも

プラスチックを約88%減らせられる紙製の筒がインクのタンクになっているリフィルの開発に成功、と。環境問題への配慮等考えた場合にはこういう動きになるのも分かるし、試行錯誤しながらの開発という面ではかなり凄い技術が詰まっているのも分かる。

ただ、紙製なので中身が見えず、インク残量がよく分からないという不便な面もあるな。まあ、高級筆記具系に使われている金属製リフィルは元々中身見えないしこれはこれで良いのでしょうけれど。そうなると軸のデザインも中身を見せないように変わっていくのかも知れない。

逆にこれまでの通常リフィルより1.6倍大容量というのはイイ。実際に製品化されたら購入してじっくり見てみたい。

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice