electric

AKGのヴィンテージ調で簡単&高音質な配信向けUSBマイク「Ara-Y3」

AKG Ara-Y3

AKGから誰でも簡単に使いこなせるUSBマイク「Ara-Y3」を2021年11月19日より発売するということでご紹介。

Ara-Y3は、プロから高い評価を得ているAKGが送り出す最新のUSBマイクです。難しい操作や設定が不要で、初めてマイクを使う人でも手軽に高音質な収音が可能です。使い勝手の良い機能も多数搭載し、音声SNSやYouTube、ゲーム実況などの配信用としてはもちろん、オンライン会議やレコーディングでも快適に使用できます。モダンかつヴィンテージ感のあるデザインに仕上げられており、動画で使えばアクセントとして存在感を発揮します。

製品特長

AKG ロゴ

老舗音響機器メーカー「AKG」の開発するマイクは、その類まれな音質でプロから高い評価を得ており、世界中のレコーディングスタジオで使われています。Ara-Y3はAKGの卓越した技術を活用し設計/製造された、スタジオクオリティーのUSBマイクです。

単に音を録るだけでなく、話す声はクリアに聞きやすく、歌や音楽は微細な情感まで再現できるので、配信のクオリティーが格段にアップします。

デジタル変換は24bit/96kHzを実現

デジタル変換は24bit/96kHzを実現し、CDを超える高解像度で収音可能です。最大音圧レベル(マイクが収音できる最大の音量)は120dB SPLで、大きい声でも歪みません。

配信のクオリティーが格段にアップ

Ara-Y3は、誰でも簡単に使いこなせるUSBマイクです。PCやスマホ、タブレットとケーブル※1で接続するだけですぐに収音が始められます。

PCやスマホ、タブレットに接続するだけで すぐに使用可能

WindowsやMac PCはもちろん、iOSやAndroid端末にも対応※2しているので、お持ちの使い慣れたデバイスのままマイクだけをグレードアップできます。

※1.お持ちの機器の接続端子がUSB type A以外の場合は、別途接続できるケーブルをご用意ください。
※2.Ara-Y3を使用した録音/再生を行うためには、PCや端末などにデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)をインストールする必要があります。システム要件と別途必要な物は以下の通りです。

操作や設定に迷わない つまみが2個だけのシンプルな設計

本体はつまみが2個だけのシンプルな設計で、初めてマイクを使う人も操作や設定に迷う事はありません。

置くだけで設置が完了

滑り止めが付いた専用スタンドが一体化されており、置くだけで設置が完了します。

音を拾う方向を2パターンから選べる

Ara-Y3は使い勝手の良い実用的な機能を備えています。音を拾う方向は2パターンから選択できます。一人で話す場合はフロント(前方のみ)を、対談の場合はフロント&バック(前方と後方の両方)を選べるため、様々なシーンで活躍します。

ミュートLEDとミュートボタン/ヘッドホンボリューム調整つまみ

また、ワンタッチでマイクをOFFにできるミュート機能を搭載。ミュート状態が視認できるLEDも備えています。

本体底部のUSB端子とヘッドホン出力端子

収音している音声を遅延なくモニタリングできる、ボリューム調整付きヘッドホン出力も装備しました。

台座を外してアームやマイクスタンドに取り付け可能

専用スタンドの台座はコンパクトで省スペースなうえ、台座を外してアームやマイクスタンドに取り付けることも可能です。

台座を外してアームやマイクスタンドに取り付け可能

Ara-Y3には、USBケーブル(type C → A、約2m)、マイクスタンドの規格に合わせるための変換ねじ(3/8→5/8インチ)が付属しています。また、定評あるDAWソフトウェア「Ableton Live Lite」が無償でダウンロードできる登録カードも同梱しています。

製品仕様

形式 コンデンサー型
指向特性 フロント/フロント&バック
周波数特性 20Hz~20kHz
最大音圧レベル 120dB SPL(THD 0.5%)
AD変換 24bit/96kHz
出力端子 USB type C
ヘッドホン出力端子 端子:ステレオミニフォーン
インピーダンス:16Ω
出力:12mv(16Ω)
電源 USB電源(DC5V)
寸法(φ×H) 93×230mm
質量 672g(含スタンド)
付属品 USB type C → Aケーブル(約2m)、3/8 → 5/8変換ねじ

よりお手軽で簡単になった高音質マイク

2021年1月に発売になった「Lyra-Y3」に続く、より安価で簡単に使えるUSB接続のコンデンサー型マイクである「Ara-Y3」。

違いとしては「Lyra-Y3」がデジタル変換24bit/192kHzに対して「Ara-Y3」が24bit/96kHzであったり、「Lyra-Y3」に付いている4つの収音モードやショックマウントが付いていなかったりという差で多少価格も抑えられている。

本格的なレコーディングでも使える仕様にはなっているけれど、お手軽なUSBマイクという使い方であれば外観のデザインで角張った感じが良ければ「Lyra-Y3」を、丸っこい方が良いなら「Ara-Y3」をという選び方で好きな方を選んでいいと思う。

AKG“Lyra-Y3”
AKGのヴィンテージ調でカッコいいUSBマイク「Lyra-Y3」

AKGから高音質でありながらUSB接続で手軽に使えるコンデンサマイク「Lyra-Y3」が2020年1月24日発売になるということでご紹介。 AKG“Lyra-Y3”を発売 - ヒビノプロオーディオセー ...

続きを見る

-electric
-,

© 2022 sutero choice