stationery

外観的にシンプルで気になる蛍光ペン「フィットライン」と「ビートルティップ」

「フィットライン」と「ビートルティップ」

先日、読書用に消せる蛍光ペンが欲しいってことでこのブログでもエントリしたフリクションライトのライトグリーンを購入し、実用面では納得も外観的に気に入らないってことをきっかけに、最近の黄色い軸なペンがもっと欲しいという気分と相まって、外観的にスッキリとシンプルな黄色い軸の蛍光ペンもあるといいなと思うように。

そこで、色々とブラウジングして気になったのがぺんてるのフィットラインと、コクヨのビートルティップって2種類の蛍光ペン。

黄色い軸だけでもいいと思いつつ、どちらも5色あってどれもイイ感じなのでセットで買ってもいいのかもと思ったり。

以下、それぞれのペンの特長を。

ぺんてる フィットライン

キレイに引けるカラフル蛍光ペン
FITLINEは、ツインタイプの蛍光ペン。ペン先は細字と、筆圧によってペン先が曲がる太字があります。
線を引いたときにペン先が曲がって紙面にフィットするので、線がキレイに引けます。
インキがなくなったら交換も可能なので経済的。

コクヨ ビートルティップ

従来のツインマーカーと違い、カブトムシの角のようなペン先1つで、太線、細線、二重線(囲み線)と3種類の線が引ける蛍光マーカーです。
ペン先を使い分けるためにペンの上下を持ち替える必要がありません。
文字を囲むようにマークできる二重線は、コピー時におすすめです。
マーカーの色が文字にかぶらないため、見やすさを保てます。

欲しいポイント

蛍光ペンを使う事自体が最初に書いた読書以外では稀なので、インクの発色だったり線が引きやすいといった機能的な部分は全く考えることもなく、軸色とインク色が同色で分かりやすく外観的にガチャガチャしていないこと軸にプリントしてある文字も黒の英語でシンプル、ってのが当てはまったのがこの2種類。

これまで蛍光ペンに注目してなかったので、「外観的にこんなにシンプルでイイ感じなものが国内メーカーであったんだ!」という驚きの方が大きくて、これはほとんど使わないにしても持っておいた方がいいだろう、と。

店頭で見かけない

ネットの画像での見た目では気に入ったものの、実際に店頭で実物を見てから購入したいってことで、文具店5~6軒巡ってみたけれど、どこにも置いてない。

ハンズやロフトを含め種類豊富な品揃え的な所でも無いんだこれが。

まあ、欲しいものが店頭に無いというのは結構よくあることなのでしょうがないんだが、もう数店巡ってみてそれでもなければネットで買おうと思っております。

また購入したらエントリしますね。

「パイロット フリクションライト ナチュラルカラー」ライトグリーン
擦って消せる蛍光ペン「パイロット フリクションライト ナチュラルカラー」ライトグリーン

もはや定番な擦って消せるペンなフリクションシリーズの蛍光ペンである「フリクションライト」の中のナチュラルカラーのライトグリーンを購入したのでご紹介。 書籍のライン引き 蛍光ペンなんてほぼ使うことはない ...

続きを見る

ステッドラー テキストサーファーゲル オレンジ ペン先
蛍光ペンでヌラヌラ書けるといえばステッドラー「テキストサーファーゲル」

もう10年近く蛍光ペンの類いを使うことが全く無くなってしまったものの、ずっと一度は使ってみたいと思っていたクレヨンのような固形の蛍光マーカーであるステッドラーの「テキストサーファーゲル」のオレンジを買 ...

続きを見る

コクヨ マークタス イエロー&グレー
コクヨの1本2色のラインマーカー「マークタス」イエロー&グレーを購入

以前紹介していた1本に2色のトーンの違う色を搭載させてノートがキレイにまとまって見えるのが売りな新しいラインマーカー、コクヨ「マークタス」の欲しいと言っていたイエロー&グレーを実際に購入したのでご紹介 ...

続きを見る

所有する黄色い軸のペン
黄色い軸のペンがもっと欲しい

先日、黄色いサラサグランドを購入し、気に入ってよく使っております。 で、白い外観&マットブラックな軸のペンが大好きで何度か登場してたりするものの、実は黄色い軸のペンも大好きじゃん!?って思ってデスク周 ...

続きを見る

-stationery
-, , , ,

© 2022 sutero choice