stationery

従来のuni ball Signoシリーズよりも滑らかなシグノ307

2016/05/31

最近、紙とペンで何か書く時にはシグノRT1のブルーをメインで使ってたのであるが、今までよりも滑らかに書けるインクを採用した新しいシグノが出たってことでこのシグノ307のブルー0.5mmを購入。

従来のシグノよりも断然滑らか

とりあえずRT1から持ち替えて色々と書いてみたのだけれど、数段上の滑らかさ。RT1が滑らかじゃないってのでは全然なくて、これまでのゲルインクボールペンでスラスラ書けるという実感としてあった滑らかさの想像を遥かに超えるところに位置する滑らかさと言えばいいのか!?

セルロースナノファイバーという素材がこの滑らかさを可能にしているということだが、「?」ってなるだろうからプレスリリースの一部を以下に。

『ユニボール シグノ 307』は、紙などと同じパルプを繊維幅3nm~4nmまで細かく解きほぐした「セルロースナノファイバー 」※をインクの増粘剤として使用しています。 (1nmは髪の毛の約10万分の1程度)
極めて細かな素材であるセルロースナノファイバーをインク内に均一に配合させることで、筆記時のインク粘度を従来ゲルインクボールペンよりも約50%低減することに成功しました。

これによってかすれにくく、だまになりにくく、水にも強いといいことだらけのペンになってる。

実際にシグノ307で書くと

Uniball signo307 2

比較のためにシグノ307(上段)と、シグノRT1(下段)で書いてみた。シグノ307はMicroと書いた方ね。

同じブルーでもシグノ307の方がやや明るいというか鮮やかな青で、RT1はこれまでのシグノの青って感じ。個人的にはシグノ307の明るめの青の方が好み。

カリカリ書く感じが苦手な人にはオススメ

ゲルインク系のボールペンは最近は0.38mmや0.28mm等、極細のラインナップが人気だったりするけれど、筆圧が高くて滑らかにスラスラ書きたい自分のような人間にとっては、極細のカリカリ感は苦手だし、0.5mmよりも0.7mmとかそれ以上の太さのペン先が滑らかで良い。

けれど、日本語をたくさん5mm方眼とかに書くには0.5mmが良い。

で、0.5mmで従来の0.7mm以上の滑らかさをもたらしてくれたこのシグノ307は今のところベストなゲルインクボールペンといえる。

見た目は普通でもう少しバリエーション欲しいとも思うが、グリップ部分がかなりしっかり持てて滑りにくくてよろし。

0.5mm

0.7mm

極細0.38mmも登場

レビュー書きました

シグノ307 0.38mm ブルー
極細ゲルインクならこれ一択な書き心地ユニボール・シグノ307の0.38mm

以前シグノ307のエントリを書いた時には出てなかった極細系の0.38mmのブルーをようやくご紹介。 三菱鉛筆 ゲルボールペン シグノ307 0.38 青 UMN30738.33 極細としては最上級の書 ...

続きを見る

-stationery
-

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.