stationery

最近の普段使いの青ペン(2020年05月版)

最近の普段使いの青ペン 2020年5月版

日頃色々なペンをその時の気分で使い分けててノートを見返すと1ページに様々な色と線幅の文字が並んでいたりするのだけれど、そんな中でもやはり青ペンが圧倒的に多い。そしてまたその中からここのところ特によく使っている青ペンを今回はご紹介。

最近の青ペン5本

  • ユニ プロッキー
  • ぺんてる トラディオ プラマン
  • エルゴライン サインペン
  • エルゴライン 水性ボールペン
  • エナージェル インフリー

このブログでも以前紹介したものばかり。

ユニのプロッキーはサインペンでこの中では一番太く、付箋への書き込み専用って感じの使い方。

プラスチック万年筆のトラディオは数年に一度押し寄せる波のようにブームがやって来てこのペンで書きたくてたまらなくなることがあるそのタイミングが今来てるということ。

シャチハタのエルゴラインのサインペンと水性ボールペン、この2本はホントのレギュラーでとにかく書き味と握り心地が抜群である。

スマートグリップを装着したエナージェルインフリーはこの中で唯一のブルーブラックなインクで集中してたくさん書くって場合に活躍してくれる。

ペン先

最近の普段使いの青ペン ペン先 2020年5月版

写真撮るまで気にしてなかったけれどこの5本、ペン先の構造が全部違う。だからこそそれぞれ書き味が全然違っているのでその時の気分で使い分けたくもなるんである。

白い外観のペン好きではあるけれど、今の普段使いはかなり地味である。

書いてみると

最近の普段使いの青ペン 書いてみた 2020年5月版

同じ青でも太さも違えば色合いもそれぞれの青がある。インフリーだけブルーブラックで全然違うけれど。

この中で書き心地と色の両方がベスト!っていうのはシャチハタのエルゴラインのサインペン。ファイバーチップなミリペンみたいな構造とエルゴノミクスなグリップで現状の理想を体現しているペンである。なかなか売ってないのが惜しまれる。

「普段使い」というのは都度変わっていくものである。なのでまた違うものが「普段使い」のメインになってきたらエントリしてみよう。

今回のペンのエントリ

ユニ プロッキー

uni PROCKEY ユニ・プロッキー
油性マーカーだと思い込んでた書きやすさ抜群の水性顔料マーカー「uni PROCKEY」(ユニ・プロッキー)

「油性マーカーを買っておこう」と何気なく手にして購入したこの水性顔料マーカーのプロッキー。買って帰って袋から取り出すまで油性マーカーだと信じて疑うこともしてなくてビックリ(笑)。 しかし、せっかく買っ ...

続きを見る

ぺんてる トラディオ プラマン

[stationery] 現在の必須筆記具、Pentel Tradio Pulaman。

LAMYばかり使ってた夏が過ぎ、最近はほぼこの2本のトラディオで何でも書いている。 結構昔から持ってはいたものの、個人的な筆圧の高さからこのペンで書くと文字が太くなりすぎて使い物にならん!って感じだっ ...

続きを見る

エルゴライン サインペン

シャチハタ アートライン エルゴライン 水性サインペン 0.4mm
隠れた逸品!持ちやすいから書きやすいシャチハタの極細サインペン「エルゴライン」

シャチハタといえばハンコであるが、アートラインという筆記具のラインナップがあって、その中でも「エルゴライン」というエルゴノミクスデザインな持ちやすいペンのシリーズのうち水性染料な0.4mmの極細系サイ ...

続きを見る

エルゴライン 水性ボールペン

シャチハタ エルゴライン 水性ボールペン
水性ボールペンはコレで決まりでいいと思うシャチハタ「エルゴライン ボールペン」

以前に隠れた逸品としてシャチハタの極細サインペンを紹介したのだけれど、それと同じ形状である「エルゴライン」の水性ボールペンをご紹介。これがある意味ボールペンとしての完成形だとも言える!ってくらいに書き ...

続きを見る

エナージェル インフリー

スマートグリップを装着したエナージェル インフリー
エナージェル インフリーをより洗練させるスマートグリップ

ゲルインキボールペンで一番好きなエナージェルにおいて外観的に最高に素敵な見た目にしてくれるのが今回ご紹介するエナージェル インフリーにスマートグリップの組み合わせ。 リンク 1本200円+消費税のエナ ...

続きを見る

-stationery
-, , , , , , ,

Copyright© sutero choice , 2020 All Rights Reserved.