electric Windows

これも気になる!本日発売のロジクールのワイヤレスマウスG502WL

投稿日:

Logicool G502WL

昨日に引き続きマウスの話題。本日より販売が開始されたロジクールのゲーミングなワイヤレスマウスG502WL。

Microsoft Pro IntelliMouseのマウスの形状が凄く良い!って言っておきながらその系譜のIE3.0クローンでも無いマウスが気になるなんてどういうこと!?って感じもしますが、G502WLの前のモデルというか有線モデルのG502 HEROも欲しいマウスの一つであったのも確か。

マウスの重量を思い通りに出来る良さ

Logicool G502WL weight

このG502ってマウスのシリーズ、既発の有線のものも含めIE3.0クローンでは無いものの近い感じで握りやすく軽量でなんと言っても11種類の多ボタンがゲームにおいて特に使いやすいってことで人気なのだけれど、個人的に一番のポイントは好みに合わせて細かいウエイト調整、重量バランスの変更が出来るって部分。

ちょい重めが好み

現在使ってる同じくロジクールのG403ってIE3.0クローンなマウスも一つだけおもりを付けられるようになっててそれを入れて使っている。マウスは軽い方が手への負担も少なく長時間楽に操作出来る気もするが、実際使っているとある程度の重量があった方がポインタを思ったところに動かして止められる正確性があがるのでストレスなく使えるという点で自分好みのウエイト調整が出来るというのは大事。

それがこのG502WLでは6つのバランスウェイト(4g×2、2g×4)が取付可能でマウスの前後左右に好みのバランスで重く出来るのが嬉しい点。

多ボタンはゲーム以上にビジネスソフトでも有効

このG502WLに限ったことではないけれど、ゲーミングマウスと謳ってる製品には多ボタンなモデルが多く存在する。もちろん、ゲームの色々な機能やコマンドをキーボードで操作範囲を広げて打つより効率的にプレイ出来るからってことではあるけれど、実はビジネスソフトのショートカットを多ボタンに割り当てると大幅に効率アップ出来るってことでゲームを全くしないけど、マウスは多ボタンのゲーミングマウスを愛用してるという人も結構いる。

自分の場合だと昔はPhotoshopを使う時に多ボタンマウスでショートカット割り振って切り抜きだのカラー調整だのを簡単に作業してた時期もあった。

一般的なオフィス系、ワード・パワポ・エクセルなんかでも大いに活用出来る。

専用マウスパッドで最強になる

ワイヤレスマウスのウィークポイントといえばやはり充電。ひと昔前であれば、ポインタの遅延が一番にあがっていたが現在の多くのワイヤレスの性能は良くなってるからほとんど問題では無くなっている。

なので、有線の煩わしさが無くなるのと引き換えでマウスの充電がいつ切れて反応しなくなるのか!?ってのが気になりだしたらイライラするからやっぱり有線ってなる人もいるとは思うがロジクールにはそこを解消するマウスパッドが発売されている。

これを使えば普通にマウスパッド上で操作してる間に充電もしてくれるというスグレモノ。ただ、価格がねー。G502WLとこのPOWERPLAYマウスパッドを合わせて購入すると36,000円前後となかなかいいお値段。

こまめに充電するしマウスパッドもすでにお気に入りがあるし必要ないってのならそれで良いが、欲しいけどここまでマウスパッドにかけるのもーって値段ではある。。。

いつも触れる入力デバイスは重要って考えてはいるけれど、すんなり買う!ってなるかと言われれば多少考えますわなー。

-electric, Windows
-

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.