stationery

箱買いで気軽にガンガン使えるBicのオレンジ!滑らか油性ボールペン

投稿日:

Bic orange Glide blue 1.0mm

昔からあるBicのオレンジ軸な油性ボールペン、通称ビック・オレンジ。外観は基本変わってないけれど、インクは低粘度・低摩擦なイージーグライドインキってのになってて、しかもマイナーアップデートが続いているので買い足すとまた滑らかさが増すって進化し続ける使い切りボールペンの雄。

今回はこちらのご紹介。

箱買いがお得

Bic オレンジ 20本入の箱

1本ずつ買ってももちろん良いのだが、このペンはネットで20本入りの箱が恐ろしくコスパ良く売られている。時期にもよるけれど、箱買いだと1本あたり30円前後の時もあるので使い切りボールペンとしてガンガン使うとか業務用にって用途であれば絶対に箱買いがお得。

ペン先

bic オレンジ 1.0mm ペン先

Bicオレンジにはペン先の太さとしてFine(0.7mm)とMedium(1.0mm)の2種類が国内では流通しているが、持ってて画像にあげたのはMediumの1.0mmの方。

使い切りボールペンってことで替芯式ではないので、軸にペン先がしっかり固定されているのでブレることなくサラサラ書ける。

書いた感じ

Bicオレンジ1.0mブルー書いた感じ

昔の普通の油性のインクだった頃であれば1.0mmだととても太くてダマも出来やすかったのが、現在のイージーグライドインキだと細くて一般的な0.7mmの油性ボールペンより細いかもって感じ。

筆圧が高いので多少カスレも出るのだけれど、低粘度なインクであれ、まあ油性ボールペンな字面。書いてる感触としてはスラスラ。

いつでもどこでも気軽に

使い捨てボールペンってことでしっかり集中して書きたいって場面よりも箱買いして色んな場所に置いといて書く必要がある時にサッと手にとってサクッと書く、っていう使い方がベスト。

で、そんな場面であれば細々と書く必要もないので、0.7mmのFineよりも今回紹介した1.0mmのMediumがオススメ。

-stationery
-

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.