stationery

紫系インクのペンは薄いグリーンの用紙に抜群に映える

2019/08/13

Mead Cambridge Writing Pad にジェットストリームのパープル

最近個人的ブームな紫系インクのペンで書いてて、凄く映えるメモパッド持ってた気がすると引っ張り出して来たのがこの画像の用紙が薄いグリーンなMeadのケンブリッジライティングパッドっていうメモパッド。

真ん中に縦線が引いてあって最近だとステノノートと呼ばれるタイプになるのかな。

こんな表紙。2008年12月にエントリもしてる。

Mead Cambridge Writing Pad

アメリカはMead社の140枚280ページほどあるごっついリングタイプのメモパッド。 Mead社のパッド系のノートはわりと色々な文具店で目にしてはいたものの、紙質的に少々ザラザラしつつ薄めなのであまり ...

続きを見る

もう売ってない

10年くらい前までは割と文具店でも売ってたりAmazonでも扱ってたりしたのだけれど、現在は廃盤になっているみたいでどこにも無い。

グリーンの用紙を使ったノートはそれなりにあったりするのだけれど、このステノノートなパッドタイプがちょっとしたメモだったり頭の中を整理するのにちょうど良いので困ったなーと。

ステノノートでの思考整理術

単にこのパッドが薄いグリーンで紫系インクのペンが映えるというのでまた使い始めたのではあるが、確かに以前は色々とメモして頭の中を整理するのによく使ってたという記憶が蘇り、「ステノノートってやつなのねー」って今さら知った感じ。

こういう使い方が良いよ、なんて解説本もあるのね。

色ではなく紙にこだわるなら

紙にこだわるのであればライフのステノノートタイプが良いかも。

カラフルがいいなら

用紙が6色になっててカラフルなステノノート。

グリーン用紙なノート出てきた

ここ1~2年でようやく国内でもグリーンな用紙が目に優しいってことでいくつか出てきております。ステノなタイプではなく普通のノートではあるけれど、紫のペンだったり青系のペンで書くとイイ感じになる。

-stationery
-,

© 2022 sutero choice