stationery

ドクターグリップの新しいシャーペン「エース」は折れにくい&芯ラス1を知らせる小窓付き

ドクターグリップ エース シャープペンシル

パイロットからドクターグリップシリーズの新商品としてシャーペンである「ドクターグリップ エース」が2019年11月10日より発売開始ということでご紹介。

芯径は、0.5mm、0.3mmの2タイプ。0.5mmタイプのボディカラーは6色で、黒と白の他、グラデーションデザインが4色の展開、0.3mmタイプは白を基調とした3色展開。

4つの特徴

  • 疲れにくい
  • 芯が折れにくい
  • ラスイチサイン
  • フレフレ機構

疲れにくいのと、振るだけで芯が出るフレフレ機構はこれまでのドクターグリップのシャーペンにも当てはまるということで、今回の「エース」の目玉は芯が折れにくい「アクティブサスペンション」機構を搭載しているというのと芯の残量が残り1つになると知らせてくれる「ラスイチサイン」をもう少し詳しく。

「アクティブサスペンション」機構

「アクティブサスペンション」機構

「アクティブサスペンション」機構は、2つのスプリングにより、芯折れを防ぐ独自の機構です。筆圧がかかると、上部のスプリングによってペン先の衝撃を吸収します。同時に、下部のスプリングが働き、ガイドパイプをその位置に留めるため、芯だけが“モグる”ことになり、芯がガイドパイプによって保護され、芯折れを防止します。留まったガイドパイプは芯全てを覆うのではなく、筆記に必要な長さの芯の出しろを残すので、ガイドパイプ先端と紙面が擦れることなく、スムーズな筆記ができます。また、垂直方向以外のあらゆる角度からの筆圧にも対応し、書き出し時の(一画目など)衝撃を約50%吸収(※)するので、強い筆圧でも折れずに、手への衝撃負担が軽減され、軽快な筆記が可能です。 (※)当社従来品との比較結果

「ラスイチサイン」について

「ラスイチサイン」について

新機構「ラスイチサイン(LAS-1 SIGN)」は、芯タンク内の予備芯が残り1本になった時に軸の窓にサインを表示します。予備芯が残り1本の場合、筆記している芯が短くなると、ペン先に向かって予備芯が下に進み始めることで、芯タンク上部のパーツも予備芯に合わせて下にスライドし、窓の位置にサインを表示し、突然シャープ芯が無くなることを防ぎます。

使ってみないとね!

芯の折れにくい「アクティブサスペンション」機構は、まあ最近のシャーペンでは定番になりつつある機能だからわかるけれど、「ラスイチサイン」は仕組みは理解できるものの、便利かどうか実際に使って試してみたい機能である。

購入するならやはり真っ黒な0.5mm芯のタイプかな。

0.5mm

0.3mm

-stationery
-,

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.