stationery

紫系インクのペンを求めて:無印良品「さらさら描けるゲルインキボールペン」

2019/11/12

無印良品さらさら描けるゲルインキボールペン0.5mm紫

たまたま寄った無印良品にて久々に文具コーナーを物色して「そうだ紫だ」って購入したのが今回の「さらさら描けるゲルインキボールペン」ノック式0.5mm紫。

中身はサラサ!?

無印良品は商品によってはOEMになっててこの「さらさら描けるゲルインキボールペン」ノック式はゼブラのサラサだと言われている。リフィルの形状や色のヴァリエーションでそう言われているのであるが確かに書き心地もサラサによく似ている。

ただ軸の形状も違うしグリップもゴムではなくサラサラのプラスチックのまんまなので実際に持って書く感じは違っている。結構サラサよりもさらさら書けると感じる人の方が多いかも。

ペン先とノック部分

無印良品さらさら描けるゲルインキボールペン ペン先

軸もコーン部分も同じ半透明のプラスチックで一体感はあるけれど、ペン先の金属とコーンの隙間がサラサよりもあって、ちょいと揺れるのは好みがわかれるところ。

無印良品さらさら描けるゲルインキボールペン ノック部分

ノック部分はインキ色と同色で分かりやすく、ボール径も分かるように0.5と表記。

書いてみると

無印良品さらさら描けるゲルインキボールペンで書いてみた

比較のために以前紹介したシグノRT1のバイオレットも一緒に書いているのだけれど、「さらさら描けるゲルインキボールペン」の紫は明るいというか赤紫で、サラサのカラーで言うところのマゼンタとほぼ同じ。

とても明るくてキレイな色ではあるけれど、紫系インクとしては赤過ぎるので、今回の趣旨ではシグノRT1のバイオレットの色の方が好みというか使いたい紫色ではある。

書き味としては圧倒的にシグノRT1が滑らか。これはちょっと驚いた。

廃盤かも

無印良品のネットストアでは「さらさら描けるゲルインキボールペン」のノック式は全色在庫無しとなっていて、買うことが出来ない。店舗には豊富に在庫があったので、廃盤で新たに新商品として出るのかも知れない。もしくは最近「詰め替えるペン」に力を入れているようなので、リフィルはそのままに軸は別でという流れになるのかも知れないし。

現行品の「さらさら描けるゲルインキボールペン」のノック式が気に入っている方は店舗在庫があるうちに買っておいた方がよいかと。

一時期店頭在庫のみのようになっていたものの現在はネットストアも在庫復活しておりまして、販売継続のようです。

紫系インクのペンを求めてシリーズ

シグノRT1バイオレットのレビュー

ユニボールシグノRT1バイオレット0.5mm
紫系インクのペンを求めて:ユニボールシグノRT1バイオレット0.5mm

続きを見る

ジェットストリームパープルのレビュー

ジェットストリーム 0.7mm パープル
紫系インクのペンを求めて:ジェットストリーム0.7mmパープル

続きを見る

-stationery
-,

© 2022 sutero choice