stationery

ゼブラ「ブレン」で黒インクを使うなら淡いグレーの軸がイイ

ゼブラ「ブレン」グレー軸

以前紹介もしてるブレない軸でストレスフリーな書き心地として大人気のゼブラのエマルジョンインクボールペン「ブレン」。2020年3月16日には3色ボールペンも出るというのも先日紹介しそちらも待ち遠しいが、改めてグレー軸の「ブレン」がイイ感じなのでご紹介。

メインの軸色は白

「ブレン」のラインナップにはインク色として黒・赤・青、軸の色ではインク3色全てある白軸、黒インクでは白はもちろん黒に限定カラーではあるが濃い系と淡い系の10色の軸、そしてグレーがある。ゼブラのサイトでも商品画像のメインとして白い軸が使われているし、「ブレン」といえば軸色的には「白」ってイメージも強い。

元々、白い軸好きとしては白いボールペンというのは大歓迎なのであるが、細かく言うと「白い軸で青インクなペン」が大好物であり、黒インクを使う場合はそれと区別する意味がある訳でもないけれど黒い軸でいいかなーって、ブレンが発売された当初に買ったのも白軸の青インクと黒軸の黒インクだった。

グレーが気になり始める

最初にグレー軸の「ブレン」を見た時には淡いグレーだしなんか黒インクとしては中途半端だなーって思ってたんであるが、ここのところのメカ系であるPCのキーボードやマウスなんかの入力装置の色としてレトロなカラーリングが気になっていて、そういうレトロカラーにあるグレーという色が淡いグレーで懐かしいというよりも新鮮に感じられて淡いグレーって実はとってもイイ感じじゃん!って心境の変化が訪れたのであった。

そういう観点でもう一度グレー軸の「ブレン」を売り場で眺めて持ってみると「あー好きかも」となって購入するという運びに。

持っている3色並べてみてみると

ゼブラ「ブレン」黒軸、グレー軸、白軸

白い軸の青インクな「ブレン」が一番好きなんではあるが、黒インクであれば黒い軸よりもグレー軸の方がスッキリしているというか、白と黒のコントラストよりも白とグレーのコンビネーションの方がレトロっぽい、と(笑)。

完全に好みの問題なのではあるが、今の気分的には白とグレーの軸を一緒に持っておいて色々と書くのが好きなのよねーってこと。それが、書き味的にもインク的にも好きな「ブレン」に存在するというのが嬉しい。

一応、書いてみると

ゼブラ「ブレン」グレー軸で書いてみた

以前のエントリでも書いた画像あげてるので軸は違えどインク的な見栄えはブレンのそれではあるが一応載せておく。比較として同じく青インクも。

エマルジョンインク系で言うと油性と謳っている一番人気なジェットストリームほどヌルヌルと書ける訳ではないのだけれど、「ブレン」はインクがダマになりにくくスラスラて筆跡も昔ながらの油性に近くてジェットストリームより好み。

軸のデザイン的には単色ジェットストリームはグリップなんかは書きやすくていいけれど「ブレン」のスッキリしたフォルムはやはり良い。その中で淡いグレーが握ってて楽しくなる色というわけである。

より細かいレビュー的なのだったり3色ボールペン版については過去のエントリをご参照いただければと。

ゼブラ ブレン
ブレない軸で書き心地が向上するゼブラのブレン

今年、2019年の2月に発売された「ブレないストレスフリーな書き心地」という謳い文句のエマルジョンインクなボールペン、ゼブラのbLen(ブレン)を出てすぐ買ってたので今回はこちらのご紹介。 ブレないっ ...

続きを見る

ゼブラ『ブレン3C』
ブレない軸でストレスフリーな書き心地のブレンに3色ボールペン『ブレン3C』登場

ゼブラ『ブレン3C』 左から:ブラック、グレー、ホワイト、ブルーグリーン、ピンク “ストレスフリー”な書き心地を実現し筆記時に生じる振動を制御した、これまでにない新しいボールペンとして大人気のエマルジ ...

続きを見る

-stationery
-, ,

Copyright© sutero choice , 2020 All Rights Reserved.