stationery

ブレない軸でストレスフリーな書き心地のブレンに3色ボールペン『ブレン3C』登場

2020/02/07

ゼブラ『ブレン3C』

ゼブラ『ブレン3C』
左から:ブラック、グレー、
ホワイト、ブルーグリーン、ピンク

“ストレスフリー”な書き心地を実現し筆記時に生じる振動を制御した、これまでにない新しいボールペンとして大人気のエマルジョンインクなボールペン「ブレン」の3色ボールペン版である『ブレン3C』が2020年3月16日より発売開始ということでご紹介。

従来のボールペンは、書く時に紙とペン先が接触するとその力がボールペン内部にある隙間に伝わり、微細な振動(ブレ)が発生していました。その振動がペンを持つ指に伝わり、気づかないうちにストレスを与えていました。ゼブラはこの振動に注目し、機構を工夫して振動を制御することで、ストレスフリーな書き心地を実現した「ブレンシステム」を開発。この機構を搭載し2018年12月に発売した単色ボールペン「ブレン」はその書き心地が多くのユーザーに支持され、初年度500万本を販売しました。

『ブレン3C』で書いている感じ

今回発売する『ブレン3C』は「ブレンシステム」を搭載した3色ボールペンです。従来の3色ボールペンは、構造が複雑なため筆記時の振動がより大きいことが欠点でした(当社比)。
『ブレン3C』は1本で3色使える利便性はそのままに、筆記時の振動を制御しストレスフリーな書き心地を実現しました。新生活の始まりに、持ち物や気持ちをすっきり整えるのにぴったりな1本です。

ブレン3Cの特長

『ブレン3C』特長

筆記振動を防ぐブレンシステムを多色ボールペンに応用。

  1. ノイズフリー設計:各パーツの隙間をなくしたことで、ペン先のブレを防ぎます。
  2. 低重心:ペン先端に金属パーツを取り付けることで重心を下げ、筆記のブレを防ぎます。
  3. ダイレクトタッチ:中芯をボディの先端でホールドし、ペン先のブレを防ぎます。

1本で3色使えるのに、スリムなボディ。

従来の単色のブレンと同サイズを実現しました。

ノックにもこだわりの設計。

  1. 背面ノック採用:使用頻度が高い黒インクのノックを他の色のノックより大きくし、クリップ反対側の押しやすい位置に配置しました。
  2. やわらかいラバー製:ノック解除時の衝撃音を軽減し、触り心地も良くしました。

デザイン

佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoと協業し、ストレスフリーな書き心地を、ボディデザインで表現しました。低重心な内部設計に合わせ、外観はしっかりと握りやすく、長時間使用しても疲れにくい本体形状にしました。繋ぎ目がない、シームレスなデザインなので、男女問わず使用しやすいデザインです。

商品概要

『ブレン3C』 価格:¥440(税抜価格¥400)

  • エマルジョンインクボールペン
  • ボール径:0.5/0.7mm
  • インク色:黒、赤、青
  • 替芯:SNC-0.5/0.7mm
  • 商品名の由来:筆記が「ブレない」ことによる造語

待ってた人多いんじゃない!?

単色のブレンは発売初年度で500万本出荷とすでに大人気ボールペンになっているし、軸がブレないってのはこんなにも書き心地が良くなるんだということで驚きと好評を得ている中での3色ボールペン発売というのは多色ペン好きにとっては「待ってました!」だし、持ち歩くのも便利でますます人気になりそう。

ブレない軸というのもあるけれど、インクの方も元々スラリで最初に採用された油性と水性のいいとこ取りなエマルジョンインクでスラスラ感が大好きでもあるので、今後もブレンシリーズで色々と出して欲しいと思っております。

買うとするなら

今回の『ブレン3C』はボール径が0.5mmと0.7mm、軸色は5色展開だけど自分で買う1本となればボール径0.7mmのグレーで決まり。

柔らかいグレーはイイ。単色のブレンの方でもつい最近グレー軸を買い足したばかりだし。発売は2020年3月16日ともう少し先なのでゆっくり考える時間もあるし、この期間も楽しめそう。

ゼブラ ブレン
ブレない軸で書き心地が向上するゼブラのブレン

今年、2019年の2月に発売された「ブレないストレスフリーな書き心地」という謳い文句のエマルジョンインクなボールペン、ゼブラのbLen(ブレン)を出てすぐ買ってたので今回はこちらのご紹介。 ブレないっ ...

続きを見る

-stationery
-, ,

Copyright© sutero choice , 2020 All Rights Reserved.