stationery

超絶普通で書きやすいノック式ゲルインクボールペン「ユニボール シグノ RT」0.5mm 青

「ユニボール シグノ RT」0.5mm 青

ユニボールのシグノシリーズの中でも一番地味というか目立たない、いい意味でシンプルで書きやすいノック式ゲルインクボールペンである「ユニボール シグノ RT」0.5mmの青をご紹介。

どうして買ったか覚えていない

文具、特にボールペン好きとしてはペンを買う場合、確実に目的を持って買っているはずなんであるが、この「ユニボール シグノ RT」に関してはいつ、どうして買ったのかを全く覚えていない。ペン立てにあるのが不思議でしょうがないペンの1つ。

逆に新鮮

なぜ持っているのが分からないので、改めてじっくり眺めたり書いたりしてみると、これが新鮮であり、ベーシックなノック式ゲルインクボールペンとしてとても書きやすく優秀なペンだなーって感心してしまった。

普通にペンを買いに行ったら絶対買わないペンだし、シグノを買うなら以前も紹介したRT1とか、最近ならば「ユニボール ワン」なんかを絶対選ぶだろうし、今更感が強いのもあるけれど、オフィスとかで大量に箱買いしてたりする企業なんかでは使っているところも多いペンかも知れない。

ペン先

「ユニボール シグノ RT」0.5mm 青 ペン先

インクが青なんで、軸もちょいとブルーな透明軸でグリップも透過な青のラバーでわりとツルツルしているけれど、書く握りになるとしっかりとグリップしてくれるシグノ系ではお馴染みの素材なグリップ。

書いてみると

「ユニボール シグノ RT」0.5mm 青 で書いてみた

書いた文字の感じや青の色具合は完全にシグノのそれなので特に言うことはないけれど、この「ユニボール シグノ RT」で書いていると大量の文字を書きたいというか、箱買いしてガンガン使いたくなるペンだなーって使い心地なんである。インクが空のこのペンの残骸というか、これだけ使って書いてきたという痕跡としてのペンの山を作ってみたくなるペンがこの「ユニボール シグノ RT」だ。

箱買いがお得なエコライター

-stationery
-, ,

© 2020 sutero choice